標準肢誘導(双極肢誘導)
心電図検査の方法

心電図検査の方法

標準肢誘導(双極肢誘導)について


双極肢誘導とも呼ばれています。

標準肢誘導では、ニ肢間の電位差が記録されます。

左手(LA)と右手(RA)の間の電位差をⅠ誘導

左足(LF)と右手(RA)の間の電位差をⅡ誘導

左足(LF)と左手(LA)の間の電位差をⅢ誘導

 *右足(RF)はアース



標準肢誘導の心臓部位


第Ⅰ誘導は 左心室の側壁

第Ⅱ誘導は 心尖部

Ⅲ誘導では 右心室側面と左心室下壁


*心臓を見る視点としては、第Ⅰ誘導は心臓を左から、

第Ⅱ誘導は左下から、第Ⅲ誘導は右下から見る感じになります。



電極の装着部位


装着部位は、左右の手首より数センチ上(心臓の方へ)

左右の足首より数センチ上(心臓の方へ)

*右足(RF)はアース用



標準肢誘導の電極


Ⅰ誘導は 右手がマイナス、左手がプラス

Ⅱ誘導は 右手がマイナス、左足がプラス

Ⅲ誘導は 左手がマイナス、左足がプラス


*右足につける電極は誘導には関与しません。

交流雑音の除去や感電防止の為のアース電極になります。



標準肢誘導の波形の振れ


標準肢誘導の正常波形では、QRS波、T波、P波は全て上向

きになります。通常、第Ⅱ誘導のフレが一番大きくなります。

第Ⅰ誘導のフレと第Ⅲ誘導のフレを加えた大きさが、第Ⅱ誘導の

フレの大きさになります。

 

◆メモ◇~~~~~~~~

標準肢誘導の振れの向き

心臓の電気の流れの方向(右上から左下)と同じ向きになるほど

振れは大きくなります。

心臓の流れの方向と直角に近いほど、振れは小さくなります。

第Ⅰ誘導は右肩(マイナス)から左肩(プラス)の横方向に電気が

流れています。

第Ⅲ誘導は左手(マイナス)から左足(プラス)の縦方向に電気が

流れています。

第Ⅰ、第Ⅲ誘導は心臓の電気の流れの方向(右上から左下)と向き

が異なります。

特に第Ⅰ誘導は直角に近いため一番小さい振れになります。

これに対して、第Ⅱ誘導は 右手(マイナス)から左足(プラス)の方向に電気が流れています。

この流れは、心臓の電気の流れの方向(右上から左下)とほぼ同じ

向きになっている為、振れが大きくなります。

~~~~~~~~~~~~

続きはこちらです→  単極肢誘導

 

 

心電図検査 項目一覧



サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館

「ナース必携・心電図マニュアル」p12 p13 臨時増刊号 保存版 小学館

「写真でわかる基礎看護技術②」株式会社インターメディカ

「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社

 

インターネット

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/心電図