心電計と対象者の準備 手順
心電図 検査の実施手順

心電図検査の実施手順

心電計と対象者の準備 手順 例

ここでは基本的な実施手順の一例を記載しています。

心電計や電極等の種類などにより異なる部分もありますので、詳細

に関しては使用する製品の取扱説明書などをお読みください。

又、検査する医療機関や記録者によっても多少異なる部分もあります。

 

1 環境整備


不要な電気製品(電気毛布や電気アンカ、エアーマットなど)の

電源はOFFにしておきます。出来れば電源コードをコンセント

から抜いておきます。

OFFに出来ない併用機器や電源コードが周辺にある場合は遠ざけ

ます。

ベッドは壁から離しておきます。

検査する部屋は寒くないようにしておきます。

 

 

2 心電計等の準備と確認


①心電計をベッドサイド(対象者の左側)に置きます。

胸部誘導では左側に装着する為、心電計と検査する人(記録者)

は、対象者の左側に位置した方が操作がしやすくなります。

*右側に心臓がある人は逆。

 

②心電計の電源コードとアースを接続します。

心電計の電源コード及びアースを壁に取り付けてあるコンセント

にさしこみます。

3P(ピン)プラグを使用する場合は、接地(アース)極付コンセント

(3Pコンセント)に接続します。3Pコンセントがない場合は

3P→2PP変換アダプタを接続してから、アース端子付き2Pコン

セントにさしこみます。変換アダプタについている線をアースにつ

なぎます。

2Pプラグ(アース付き)を使用する場合はアース端子付き2P

コンセントに接続します。

 

より安全で正確な記録をするには、その機器に合った電源コードと

とプラグを使用し、そのプラグに合ったコンセントに接続すること

が大切になります。3Pコンセントがない場合は、可能であれば

バッテリー動作で使用することをお勧めします。

 

③電源を入れる前に各コード類や電極等の確認をします。

心電計のアースコードや電源コードの接続と確認が済んだら、誘導

コードと心電計の接続、リード線と電極(四肢と胸部)の接続を

確認します。

電源コードや心電計のアースコード、誘導コード、電極とリード

線等を正確に確実に接続します。

四肢電極とリード線を接続する時は、対応する同じ色を接続します。

クリップ式の電極はそれぞれ色で識別されています。

(右手は赤、左手は黄、右足は黒、左足は緑)

リード線も接続する部分が色で識別されていますので、それぞれ同

じ色を接続します。

 

④記録用紙の確認。

記録用紙の残量も確認しておきます。

少ない様であれば準備しておきます。

 

⑤心電計の電源をONにします。

ありがちなのが電源の入れ忘れ・・・・・です。

 

⑥操作パネルの設定・確認

名前等を入力します。

*機種などによって入力方法は異なります。

 

標準設定にします。

標準的な設定は、感度1= 10mm(1cm)/mV 記録速度 25mm/秒

記録時に振幅が大きすぎたり小さすぎた場合は感度を変更します。

 

インストがONになっているか確認します。

ONの時は熱ペンは停止状態になり、解除すると動きます。

記録時は解除します。

 

誘導選択器の確認。

誘導選択器(誘導切替スイッチなど)が、「STD」又は「C」等

になっているか確認します。

 

較正曲線を確認します。

較正電圧ボタンなどを押すと較正曲線が描かれます。

このときに、感度や熱ペンの状態、記録用紙の搬送状態など

を確認します。

感度1の場合 1mV が 10mm(1cm) に描かれているか確認します。

 

熱ペンの位置や色(濃淡)の調節・確認。

心電図の波形が記録紙の中央に記録されるように、熱ペンの位置を

調節します。

波形の色が濃かったり、薄かったりした場合には調整します。

温度が高いと濃くなり、低いと薄くなります。

*機種により記録方法は異なります。

熱ペンによる直記式やサーマルヘッド式が多く使用されています。

 

フィルターの確認。

フィルターは最初はOFFにしておきます。

フィルターをかけないでもきれいな波形が記録できればONにする

必要はありません。なるべくフィルターをかけない方がより正確な

波形が記録できます。フィルターの使用は必要最小限に。

 

 

3 対象者の準備と確認


対象者の状態を把握しておきます。

自覚症状の有無や検査できる状態か確認しておきます。

問題がなければ、仰向けになってもらいます。

心電図検査の説明を十分に行い、不安や緊張を取り除きます。

腕時計やネックレス、ブレスレットなどの金属製品などは外して

もらいます。

ストッキングも出来れば脱いでもらった方がより正確な波形が

記録でき、衣類の汚染なども防げます。タイツなどのきつくい物は

脱いでもらいます。靴下だけの場合は検査時に下げて足首を露出さ

せます。

 

排尿は事前にすませてもらいます。

咳や痛みなどを我慢していないか確認します。

検査中は、全身の力を抜いて、軽く目を閉じて静かに呼吸をして

もらいます。

不要な露出を避けるために、バスタオル等の掛物を準備しておきます。

 

続きはこちらです→ 電極を装着する 手順4 例

 

 

 

 

心電図検査 項目一覧



サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館

「ナース必携・心電図マニュアル」 臨時増刊号 保存版 小学館

「写真でわかる基礎看護技術②」株式会社インターメディカ

「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社

 

インターネット

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/心電図