心電図波形の振れ
心電図 波形

心電図の波形

心電図波形の振れ


電気はマイナス電極からプラス電極へ流れます。

心臓の電気的刺激と同じ流れの方向に電極をつければ波形は上向き

になります。

心臓の電気の流れの上方にマイナス電極、下方にプラス電極を

つければ、心電図の波形のフレは上向きになります。

反対に上方にプラス電極、下方にマイナス電極をつけるとフレは

下向きになります。

 

標準肢誘導(双極肢誘導)の3誘導は全て上向きの波形になります。

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ誘導は上方にマイナス電極、下方にプラス電極がおかれ

る為、フレは上向きになります。

 

単極肢誘導の場合は、心臓内の電気が向かっている方向に位置して

いる電極は上向きに振れ、遠ざかっている方向に位置している電極

は下向きに振れます。

aVR誘導では右側に電極をつけている為、心臓内の電気の流れを

見送る形になり、振れは下向きになります。

右手がプラス電極で左手・左足の結合電極(不関電極)がマイナス

電極になるため、波形は下向きになります。

aVF誘導では、左下に電極をつけている為、心臓内の電気の流れを

迎える形になります。その為心電図の振れは上向きになります。

左手がプラス電極で、右手・左足の結合電極(不関電極)が

マイナス電極になるため、波形は上向きになります。

aVL誘導では、左側に電極があり、心臓内の電気の流れを迎える形

になり、上向きの振れになります。

左足がプラス電極で左手・右手の結合電極(不関電極)がマイナス

電極になるため、波形は上向きになります。

 

胸部誘導V1~V6全て、心臓内の電気の流れを迎える形になり

振れは上向きになります。

不関電極(マイナス)は3極(右手、左手、左足の電極)の中央に

置かれます。

 

*V1の場合のP波は二相性に振れます。

P波の前の部分が上向きで、後の部分が下向きに振れます。

最初は電極の方に向かっている様に見えますが、その後遠ざかって

行くように見えるためです。

 

*心臓の大きさ、傾き、位置などは個人によって異なります。

電気軸等の違いで波形の大きさやフレの向き等は異なってきます。

 

続きはこちらです→ 波形の種類と意味

 

 

 

 

心電図検査 項目一覧



サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館

「ナース必携・心電図マニュアル」 臨時増刊号 保存版 小学館

「写真でわかる基礎看護技術②」株式会社インターメディカ

「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社

 

インターネット

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/心電図