心電図の記録と電極を外す手順 例
心電図 検査の実施手順

心電図検査の実施手順

心電図を記録する手順と電極を外す手順5、6

ここでは基本的な実施手順の一例を記載しています。

心電計や電極等の種類などにより異なる部分もありますので、詳細

に関しては使用する製品の取扱説明書などをお読みください。

又、検査する医療機関や記録者によっても多少異なる部分もあります。

 

5 心電図を記録する 手順 例


①測定前の確認

四肢と胸部の電極が正しく対象者に装着されているか確認します。

電極とリード線の色などを確認します。

電極がしっかり装着されているか確認します。

特に胸部電極は吸着が弱いと外れやすくなりますので、注意します。

 

②対象者にリラックスさせます

例としては、軽く目を閉じてもらい、静かに呼吸してもらいます。

全身の力を抜いてもらいます。

 

③心電計の操作パネルの確認

標準的な設定になっているか確認します。

通常は、感度1= 10mm(1cm)/mV 記録速度 25mm/秒

 

④誘導の選択

誘導切替スイッチ(キー、ボタン)を押して誘導部位を選択します。

通常は第Ⅰ誘導から始めます。

心電計の種類により、一度に記録されるチャンネル(誘導)数は異

なります。

 

⑤インストを解除する

記録する時はインストを解除します。

インスト(INST)スイッチ(キー、ボタン)を押して解除します。

 

④記録開始

スタート、記録、RUNなどのボタン(スイッチ)を押して、

記録を開始させます。

振れが大きい場合は感度を1/2、小さい場合は2に設定します。

不整脈などがなければ、4~5心拍分を記録します。

記録開始と同時に記録用紙が出てきます。

 

⑤較正曲線をいれる

各誘導には必ず較正曲線をいれます。

4~5心拍分を記録した後に、較正電圧スイッチ(キー、ボタン)

を押して、較正曲線をいれます。その後、1心拍記録します。

較正曲線は心電図のT波の終わりからP波が始まるまでの平坦部

に入れます。

 

⑥誘導の切り換え

誘導を切り換える時は停止、STOPボタンなどを押して記録を

停止させます。

誘導切替スイッチ(キー、ボタン)を押して、誘導部位を選択し

ます。

心電計の種類により、一度に記録されるチャンネル(誘導)数は異

なります。

同時に3チャンネル記録できる心電計の場合は、

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ 

aVR、aVL、aVF

V1、V2、V3

V4、V5、V6

の順に切り替えていきます。

④、⑤、⑥を繰り返します。

☆誘導を切り換えたり、電極をつけかえたりする時は、インストを

ONにします。

 

⑦記録終了

全ての測定が終了したら、インストをONにし、誘導切替スイッチ

(キー、ボタン)を「STD」又は「C」等に戻し、電源をOFF

にします。

 

※心電計の種類などにより操作方法は異なります。

自動で実施する場合は、誘導切り換えや較正曲線、インストなどの

操作は不要になります。操作パネルのセットを確認して開始ボタン

を押すだけになります。

 

 

6 電極を外す 手順 例


対象者に心電図測定の終了を告げ、電極を外します。

断線を防ぐために電極を外す前に、誘導コードを抜いておきます。

最初に胸部電極から外します。

ゴム球の部分を押して、吸着をゆるめてから外します。

吸着していた皮膚の部分は跡が残りますが、徐々に消失します。

対象者にそのことを説明しておきます。

皮膚に付着しているペーストをティッシュなどできれいに拭き取り

衣服をもとに戻します。

 

続きはこちらです→ 記録した心電図の整理・保管と後始末手順7,8例  

心電図検査 項目一覧



サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館

「ナース必携・心電図マニュアル」 臨時増刊号 保存版 小学館

「写真でわかる基礎看護技術②」株式会社インターメディカ

「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社

 

インターネット

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/心電図