四肢誘導
心電図検査の方法

心電図検査の方法

四肢誘導について


四肢誘導は手足につけた電極から電圧を記録する方法です。

両手両足につけた電極から心臓の電位の変化をとらえます。

四肢誘導には標準肢誘導(双極肢誘導)と単極肢誘導があります。

標準肢誘導は心電図の基礎を築いたアイントーベンという人が、

導入した誘導法で「アイントーベンの正三角形」の原理が用いられ

ています。

単極肢誘導はウィルソンという人が考案した単極肢誘導法を

ゴールドバーガーという人が改変した増強単極肢誘導法が広く活用

されています。

 

*単極誘導には単極肢誘導(四肢)と単極胸部誘導(胸部)があり、

ウィルソンという人が考案した誘導法です。

 

◆メモ◇~~~~~~~~

双極誘導と単極誘導

誘導法は大別して双極誘導と単極誘導があります。

双極誘導法は四肢誘導の標準肢誘導法で、2電極間の電位差

(電圧)を記録する方法です。

単極誘導法は四肢の単極肢誘導法と胸部の単極胸部誘導法があり、

誘導部位の電位を記録する方法です。

単極誘導の場合はプラス電極を関電極、マイナス電極を不関電極

として電位を測定します。

*不関電極は心電計の中で構成されますので、双極誘導の電極の

ように直接確認はできません。

 ~~~~~~~~~~~~~~

 

続きはこちらです→ 標準肢誘導(双極肢誘導)

 

心電図検査 項目一覧



サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館

「ナース必携・心電図マニュアル」p12 p13 臨時増刊号 保存版 小学館

「写真でわかる基礎看護技術②」株式会社インターメディカ

「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社

 

インターネット

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/心電図