単極肢誘導
心電図検査の方法

心電図検査の方法

単極肢誘導について


単極肢誘導では、あらかじめ決めておいた基準電極 (不関電極)

と誘導部位(電極装着部位・関電極)の電位差が記録されます。

右手:左手・左足の結合電極 aVR

左手:右手・左足の結合電極 aVL

左足:左手・右手の結合電極 aVF


*関電極(プラス) 不関電極(-)


単極肢誘導の場合は振幅(フレ)のみが1.5倍になるため、

増強されてたという意味の augmented の頭文字 a をVの前に

つけています。


*Vは voltage(電圧)の頭文字

 

 

単極肢誘導の心臓部位


aVRは 心室内膜面(心室内腔を上から見ている)

aVLは 左心室(高位)側壁(心室の側壁を見ている)

aVFは 左心室下壁(心臓を下から見ている)


aVR aVL aVF は心臓を見る視点はそれぞれ

右肩、左肩、真下になります。


*心臓はやや斜め(心尖部が左より)に傾いている為、

右肩から見た場合は、心臓を真上から見る感じになります。

左肩の場合は、心臓をやや側壁から見る感じになります

 

 

電極の装着部位


装着部位は、左右の手首より数センチ上(心臓の方へ)

左右の足首より数センチ上(心臓の方へ)

*右足(RF)はアース用



単極肢誘導の電極


結合電極(不関電極)は全てマイナスな為、

右手、左手、左足はプラス電極になります。

 

 

単極肢誘導の波形の振れ


aVRは下向きの振れ

aVLは上向き(振れが小さい)

aVFは上向きの振れ

 

*心臓の電気の流れの方向に対して、aVLはほぼ直角に電極が位置

している為、振れは小さくなります。

 

*単極肢誘導の場合は、心臓を見る視点として、右手は右肩から、

左手は左肩から、左足は横隔膜から見ていることになります。

 

◆メモ◇~~~~~~~~

関電極と不関電極について

双極誘導(標準肢誘導)では二つの電極間の電位差が記録されます

が、単極誘導の場合は、取り付けた誘導電極の部位の電位変化が

記録されます。

単極誘導では一方の電極をなるべく電位変化のないところ置けば、

誘導する電極部位の電位の変化を知ることが出来ます。

電位変化のないところ(心筋の興奮の影響を受けにくいところ)に

置かれた電極を不関電極といいます。

これに対して体に取り付けた誘導電極は心筋の興奮の影響を受け

やすい為、関電極と呼ばれています。

 

不関電極の電位はゼロに近く、この部分を基準電極として関電極の

電位を記録します。

四肢誘導で構築されたウィルソンの結合電極(基準電極・中心電極)

を不関電極(負電極)としています。

 

結合電極は、左手、右手、左足の電極をそれぞれ5KΩ?以上の

抵抗を介して一つに結合させた電極になります。

この部分の電位はゼロに近くなります。

 

単極誘導では、体に取り付けた電極は全てプラス電極になります。

不関電極がマイナス電極になります。

 

単極肢誘導の場合の結合電極は、それぞれ以下のようになります。

aVR:左手・左足の結合電極 

aVL:右手・左足の結合電極 

aVF:左手・右手の結合電極 

 

※単極誘導も双極誘導と同様に、二つの電極間の電位差になりますが、

双極誘導と異なるのは一方の電極(不関電極)の電位がゼロに近く、

心電計の中で構成され、直接確認できないところです。

~~~~~~~~~~~~

続きはこちらです→  胸部誘導

心電図検査 項目一覧



サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

「心電図・ナースのためのワークブック」p14 p15 金芳堂

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 保存版 小学館

「ナース必携・心電図マニュアル」p12 p15 p16 臨時増刊号 保存版 小学館

「写真でわかる基礎看護技術②」株式会社インターメディカ

「最新医学大辞典」p285 p910 医歯薬出版株式会社

 

インターネット

ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/心電図