看護用語詳細 血液透析用留置針
看護用語詳細


血液透析用留置針 


販売名には、クランプキャス ハッピーキャス などがあります。

人工透析を行うための血管留置針です。

末梢血管用留置針としても使用されている種類があります。


 

クランプキャス・ハッピーキャス・スーパーキャス・サーフローの違い


☆それぞれ商品名になります。


クランプキャスとハッピーキャスは血液透析用の留置針です。

血液透析をされている方は、頻回に針を刺す為、針先の構造や

材質が輸液をする時の留置針とは多少異なります。

針のサイズも違います。16G~19Gを使用することが多いと思います。

スーパーキャスは輸液などや血管を確保する時に使用される留置

針です。

サーフロー留置針は、透析用、輸液用、血管確保などにも利用で

きるようです。





サイト内コンテンツ




◇参考文献

書籍

最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

ポケット看護辞典(廣川書店)

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)

OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版 小学館

ポケット版カルテ用語辞典 編集大井静雄 照林社発行 小学館発売

 

インターネット

ウィキーペディア

クランプキャス・ハッピーキャス・スーパーキャス・サーフローの商品説明ページ


最終更新日 2015/9