看護用語詳細 血液培養検査
看護用語詳細


血液培養検査 


発熱などの原因菌を調べる時に実施される検査です。

以前は動脈血の培養検査が多く実施されていましたが、現在では

静脈血での検査が多くなってきています。


 

血液培養検査の採血方法


☆ 医療機関などにより少し異なります。

ここでは看護師が実施できる静脈血での血液培養検査の採血

方法について記載してあります。


◆必 要 物 品 

培養ボトル(カルチャーボトル)2本(好気性菌用と嫌気性菌用)

消毒用アルコール(消毒用エタノール、70%イソプロパノールなど)

ポピドンヨード(イソジンなど)

滅菌手袋


◆穿 刺 部 位 の 消 毒 

最初にアルコール綿で穿刺部位を清拭して、その後、イソジンなど

で消毒(中心から外へ広範囲に消毒)します。

医療機関などによっては、イソジンなどで消毒後、アルコール消毒

するところもあります。又、イソジンなどが使用できない方には、

アルコール消毒を2回、反対に、イソジンだけで2回消毒するケース

もあるようです。

消毒後はよく乾燥させます。

*採血後(針を抜去した後)、ハイポアルコールで皮膚に付着した

イソジンなどを脱色してくれるナースもいます。


◆穿刺部位について

主な穿刺部位には、肘正中皮静脈、橈側皮静脈、尺側皮静脈

前腕正中皮静脈 などがあります。

肘正中皮静脈が推奨されています。

上記の血管以外に手背の静脈を選択する場合もあります。

*血管確保をしている場合は、輸液ラインから採血する場合もあります。この場合は汚染菌が混入する確率が高くなります。


人によって血管の走行は異なりますので、より安全な血管を選択す

る必要があります。

下記に血管を選ぶ時のポイントを簡単にまとめてみました。


血管を選ぶ時のポイント

①肘窩線より遠位(末梢側)の血管を選択

 

②正中線上 又は 外側(橈骨側)を選択

 

③浅い血管を選択

肉眼で容易に確認できる血管、浮き出ている血管など。

わかり難いようであれば、駆血帯で確認してみる。


④より太い血管を選択

 

⑤安定した血管

動きやすい血管もあります。

 

⑥弾力があり、柔らかい血管

硬い血管は動きやすく、針が貫通し難い。

同じ部位を頻回に刺された血管は脆くて、硬くなっている場合が

多いので避けます。


*肘窩線とは?

肘を曲げた時の内側の線又は、上腕骨の内側上顆と外側上顆を

結んだ線


 

採 血 の 実 施 


血液培養検査の時は、間隔をおいて2~3回採取するか、

時間をおかずに、2ヶ所以上の部位から採取します。

採血するときは、滅菌手袋を着用します。

穿刺する部分には触れないようにして、針を刺します。

採血量は成人の場合は、1回の採血で10ml~20ml

が一般的だと思います。


★カルチャーボトルの種類(メーカー)によって異なります。


 

ボ トルのゴム栓の消毒 


採血した血液をボトル内に移す時に雑菌などが混入しないように、

培養ボトルのゴム栓の部分を消毒する必要があります。

ゴム栓のキャップをはずして、イソジンなどで消毒した後、

アルコール綿で消毒又は、アルコール綿だけで消毒。



ボ トル内に注入 する方法


針は刺しかえずに、ボトル内に注入します。


◆新しい針に刺し換えない理由

・採血時の消毒がしっかりされていれば、換える必要性はない。


・針を刺しかえる際に、かえって雑菌などが混入するリスクが

高くなる。


・針刺し事故の防止 など


◆注入する順番

好気性ボトルから先に注入して、嫌気性ボトルへ。

量が少なかった場合は好気性ボトルから注入。


★空気が入らないようにするためには、嫌気性ボトル内に先に注入

することを指示している文献もありますが、好気性から先に注入した

方がいいという説もあります。特に充分な採血量を採取出来なかっ

た場合などは、先に好気性ボトルから注入した方がいいようです。

要は汚染菌(皮膚の常在菌など)の混入を防ぎ、適切な量を

好気性ボトル内に注入することが大切になるようです。


 

注 入 後 の 処 理 


①注入後はよく混和する。

②速やかに検査室へ提出

③保存しておく場合は室温。冷やさない。

★冷蔵庫などに保存しておかない。



以 前 と 違 う 点 は ?


●静脈血の採取

以前は、血液培養は動脈血を採取するのが一般的でした。

今では、動脈血も静脈血も検査にさほど違いが無いということが

わかり静脈血の培養が多くなってきています。

動脈血の採血よりも手技が簡単で、患者さんへの負担も軽いとい

うこともあります。


●注射針の取り換え

以前は皮膚の常在菌が注射針を介してボトル内に混入する

危険があり、新しい注射針と交換していました。

現在は皮膚消毒が正しく実施されていれば、注射針を新しく交換

しなくてもよくなりました。針刺し事故の防止にもつながる為です。





サイト内コンテンツ




◇参考文献

書籍

最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

ポケット看護辞典(廣川書店)

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)

OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版 小学館

ポケット版カルテ用語辞典 編集大井静雄 照林社発行 小学館発売


最終更新日 2015/9