看護用語詳細 硬膜外腔内注射
看護用語詳細


硬膜外腔内注射


脊髄を包んでいる膜を、髄膜といいます。

髄膜は三層から成り立っています。

外側から、硬膜、クモ膜、軟膜。

硬膜外腔は、硬膜と黄色靭帯の間の隙間。

この隙間に、薬液などを注入します。

疼痛緩和の目的で注射する場合が多く、硬膜外ブロックと呼んで

います。  



硬膜外ブロックについて 


主に痛みを取り除く又は緩和する治療法です。

腰痛や下肢痛、下肢のしびれなどがある場合に実施されます。

痛みを取り除く局所麻酔剤や、炎症で腫れや充血がある場合は

副腎皮質ホルモン剤などを併用する場合もあります。

主な穿刺部位は、仙骨(お尻の椎骨)と腰椎(腰の椎骨)

その他に、頸椎や胸椎があります。


 




サイト内コンテンツ




◇参考文献

書籍

最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

ポケット看護辞典(廣川書店)

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)

OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版 小学館

ポケット版カルテ用語辞典 編集大井静雄 照林社発行 小学館発売


最終更新日 2015/9