看護用語詳細 感染性医療廃棄物
看護用語詳細


感染性医療廃棄物:採血後の処理


採血後の感染性医療廃棄物には、採血時に使用した注射器又は

採血ホルダー、採血針、止血用のアルコール綿などがあります。

いずれも血液が付着している為、感染の危険があります。その為、

医療機関から出される感染性の医療廃棄物は特別管理廃棄物

として区分されています。

感染の危険がない廃棄物とは別の容器に保管、処理します。


 

感染性の産業廃棄物の具体例


①血液や体液など 

全血、血清、血漿、リンパ液、組織液、消化液(唾液、胃液、

胆汁、腸液など)、腹水、胸水、尿、精液、羊水、血液製剤など

 

②上記①が付着した鋭利なもの 

注射針、輸液セット、メス、針付注射器、破損したアンプルや

バイアル、ガラスの破片など

試験管、シャーレ 等 

 

③上記①が付着したその他のもの

手術や処置などで使用した手袋など

 

④病原性微生物を取り扱ったもの

検査や研究などで使用した試験管やシャーレなど

 

◆メモ◇~~~~~~~~~~

注射針

針などの鋭利なものに関しては、汚染されていなくても感染性

廃棄物と同等の取り扱いが必要になります。

 

輸液セット

エアー針、ビン針、静脈針、点滴筒、クランプ、チューブ等が

含まれます。

ビン針は点滴筒、クランプ、チューブと一体となっているため、

廃棄する時は、針は切り取らずにそのまま一緒に廃棄します。

静脈針は切り離すことも出来ますが、針刺し事故を防止する為

にも、そのまま一緒に捨てます。

エアー針は通常は血液などが付着することはありませんが、

針に関しては感染性廃棄物と同じ取り扱いをしています。

輸液バックは含まれません。汚染物などが付着していなければ、

通常は非感染性の産業廃棄物になります。

輸血セットと輸血バックは血液製剤が付着している為、感染性の

産業廃棄物になります。

感染のおそれのないガラス製品(点滴瓶など)は、非感染性の産業

廃棄物に分類。

 

*感染のおそれがないものでも、メス、ガラス片、その他の鋭利

なものに関しては、感染性の産業廃棄物と同じ取り扱いをしている

ところもあります。

 

☆地域により細かな分別方法は異なります。


☆感染性か非感染性かの最終的な判断は、医師や歯科医師の

指示に従います。

 

主な医療機器の産業廃棄物

注射針、メス、破損したガラス製のものやアンプルやバイアルなど。

注射器、カテーテル類(ゴム製、プラスチック製、合成樹脂)

鑷子、輸液セット、輸液バック、透析等の回路、血液バック

手袋、などがあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~




サイト内コンテンツ




参考・引用文献

インターネット

◎廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル 平成21 年5月(環境省HP内) 

//www.env.go.jp/recycle/misc/kansen-manual.pdf

廃棄物情報の提供に関するガイドライン(環境省HP内)

//www.env.go.jp/recycle/misc/wds/main.pdf

産業廃棄物一覧表(鹿児島大学医学部HP内)

//www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ict/shokugyoukannsen/haikibutsu%20table.pdf

感染性廃棄物の管理(札幌市立札幌病院HP内)

//www.city.sapporo.jp/hospital/medicalstaff/manual/pdf/14.pdf

廃棄物とは(用語の定義と具体例)(京都市情報館HP内)

//www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000001571.html

感染予防と医療廃棄物の処理(日本環境感染学会HP内)

//www.kankyokansen.org/other/edu_pdf/14.pdf

Q&Aから学ぶ透析技術(kksmile.comHP内)

//www.kksmile.com/all/gakujutsu/q_and_a/06/03.html

介護インフォメーションHP内

医療廃棄物について

//www9.plala.or.jp/siroiipi/haiki1.html


書籍

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」インターメディカ

「ナース必携最新基本手技AtoZ」小学館 

「医学大辞典」医歯薬出版株式会社


最終更新日 2015/9