看護用語詳細 注射針などのカラーコード
看護用語詳細


カラーコード 


注射針などの針や吸引カテーテルは、サイズによって針やチューブの

根もとの色が違います。太さが一目で判るように、外径のサイズを色

で識別しています。

☆平成19年4月1日より国際標準化機構規格(ISO規格)に

統一されました。


 

注射針などのカラーコードについて


☆数字が大きくなるほど、注射針の太さは細くなります。

医療機関などで主に使用されているサイズは、

16G(外径1.6mm)~27G(外径0.4mm)です。

上記以外の大きさを使用するケースとしては、歯科で麻酔するとき

の太さは、主に27G~33G

インシュリンの自己注射の場合の太さは、最近では

31G~33Gを使用。


☆ 「G」の読み方は、「ゲージ」 と読みます。

針の太さ(外径)の単位です。

 

 

サイズ別のカラー  


●対象となる針

注射針、輸液セット、輸血セット、採血用針、翼状針、

血液透析用留置針。

 

《注射針のサイズとカラーコード》

針のサイズ 外径
14G 2.1mm 14G  pale green
15G 1.8mm 15G  blue grey
16G 1.6mm 16G  white
17G 1.4mm 17G  レッドバイオレット
18G 1.2mm 18G  ピンク
19G 1.1mm 19G  クリーム
20G 0.9mm 20G  
21G 0.8mm 21G  深緑
22G 0.7mm 22G 
23G 0.6mm 23G  deep blue
24G 0.55mm 24G  medium purple
25G 0.5mm 25G  オレンジ
26G 0.45mm 26G  茶色
27G 0.4mm 27G  medium grey
28G 0.36mm 28G  青緑
29G 0.33mm 29G 
30G 0.3mm 30G 

 

同時に、輸液セット、輸血セット、並びに滴下制御式輸液ポンプの

1mLあたりの滴下数も20滴と60滴のみに統一されました。

(切替期間平成19年4月から平成21年3月まで)

変更前は 15滴/1ml  20滴/1ml 60敵/1ml の3種類。

変更後は 20滴/1ml 60敵/1ml  の2種類。

 

*気道用吸引カテーテルなどのカラーコードも統一されました。

 




サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/注射

医療機器の規格の変更への対応(日本看護協会HP内)

医薬品医療機器総合機構「医薬品医療機器情報提供ホームページ」

日本医療器材工業会

厚生労働省HP内

医薬品・医療用具等安全性情報

www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1028-2a.html

 

書籍

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」インターメディカ

「ナース必携最新基本手技AtoZ」小学館 

「医学大辞典」医歯薬出版株式会社


最終更新日:2015/9