看護用語詳細 カニューレ(カニューラ)
看護用語詳細


カニューレ(カニューラ)とは?


チューブ類の一つです。

医療機関でよく耳にするのが気管カニューレ、鼻腔カニューレ等

があります。

 

 

チューブ、カテーテル、カニューレの違い


(種類と用途など)

*医療機関や医療従事者、取り扱うメーカーなどによって、呼び方

の違いはあります。ここでは主に筆者の経験を基に、一つの例とし

て挙げています。

 

◆違いは?

カテーテルやカニューレは医療用チューブの総称です。  

チューブという言葉は医療機関以外でも耳にする言葉ですが、

カテーテルやカニューレは一般の人は、あまり使わない言葉だと思

います。

カテーテルやカニューレは医療機関では、日常的に使用されている

言葉です。言葉は違いますが意味は同じです。全て中が空洞になっ

た管です。

挿入部位、目的、年齢、性別、体格などによって長さ、太さ、

硬さ、素材、構造などが違ってきます。

 

◆医療機関などでよ く耳にする管 

気管内チューブ、気管カニューレ、経鼻カテーテル、

鼻腔カニューレ、栄養チューブ、ストマックチューブ、

胃カテーテル、点滴チューブ、吸引カテーテル、心臓カテーテル

中心静脈カテーテル、尿留置カテーテル(バルンカテーテル)

ネラトンカテーテルなどがあります。

 

チ ュ ー ブ

消化器では栄養チューブ、ストマックチューブ(ST)

NGチューブ(経鼻胃管)、ガストロチューブ(GT)胃瘻チューブ

セングスターケンブレイクモアチューブ(SBチューブ) 

などがあります。

呼吸器では気管内チューブ、吸引チューブ、酸素チューブ

チェストチューブ などがあります。

その他には点滴チューブ 、エクステンションチューブなどが

あります。

 

カ テ ー テ ル

循環器では主に心臓カテーテル、中心静脈カテーテル、スワンガン

ツカテーテルなどがあります。

消化器では主に胃カテーテル、ネラトンカテーテル等があります。

泌尿器では主に尿留置カテーテル、ネラトンカテーテル、

チーマンカテーテル などがあります。

呼吸器では、吸引カテーテル トロッカーカテーテル等があります。

 

カ ニ ュ ー レ

呼吸器では気管カニューレ、スピーチカニューレ、

鼻腔カニューレなどがあります。

 

☆カニューレは、ドイツ語の発音で Kanule

英語では、Cannula(カニューラ) 

 

 

鼻や口から胃 に挿入する管について 


同じ胃の管でも呼び方はいろいろあります。

例えば、栄養チューブ、経鼻カテーテル、胃カテーテル、ストマッ

クチューブ(ST)、マーゲンゾンデ、ガストロチューブ(GT)等があります。

 

 

挿入部位は同じでも目的が異なる場合


*目的によって管の種類(太さや素材、構造など)が異なる場合も

あります。


◆胃洗浄が目的の場合

単管で太く短い管を挿入するケースもあります。

天然ゴムで出来たネラトンカテーテルなどがあります。


◆術後の安静や観察、腸閉塞(イレウス)等で排液目的の場合

X線を透過しない素材や造影剤入りのカテーテルを使用。

☆カテーテルの位置の確認が容易に出来ます。


排液腔と空気腔の二重構造になったカテーテルを使用。

☆スムーズに持続的な排液が可能です。


◆栄養補給が目的の場合

長期間挿入されている場合は材質が大切になります。

☆胃液に強く詰りにくい管を選択する必要があります。



気管カニューレと気管(内)チューブ


気管カニューレと気管(内)チューブでは違う意味になります。

気管カニューレは気管切開の時に挿入する短い管です。

気管内チューブは、挿管する時に使用される管で、鼻腔又は口腔

内から挿入する管です。気管カニューレよりも長いです。



ドレーンについて 


体内に貯留した血液や分泌液、空気、膿などを体外に排出する

目的で挿入される管のことです。

*体に溜まった異常な液体などを体外へ引き出すことを、

ドレナージといいます。

 

 

バルンカテーテルについて 


バルーンカテーテルは、膀胱内にカテーテルを留置する時に呼ばれ

ることが多いと思いますが、それ以外にも、血管内に挿入する

バルンカテーテルなどもあります。

☆バルンとは、風船 balloonのことで、バルンカテーテルは先端に

バルンが付いており、風船のように膨らまして使用される管のことです。

 

☆尿路系などに使用される場合は、抜けないように留置する目的

で利用されています。

 

☆血管などに挿入されるカテーテルの場合は、血管を広げたり、

止血する目的もあります。

 

 




サイト内コンテンツ




参考文献

◎書籍

最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

ポケット看護辞典(廣川書店)

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版 小学館

ポケット版カルテ用語辞典 編集大井静雄 照林社発行 小学館発売


◎インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/


最終更新日:2015/9