看護用語詳細 エアー針
看護用語詳細


エアー針とは?


空気針のこと。

輸液瓶など硬い素材の容器で点滴をする場合、容器内の圧を

外気圧と同じにする必要があります。圧が外気圧より小さいと輸液

が落下しなくなります。エアー針を刺して空気を通すことにより、

圧が一定になります。

最近はソフトバッグが増えてエアー針の使用が減少しています。 


 

エアー針からの感染のリスク


点滴セット内に付属しているエアー針には、細菌除去フィルターが

取り付けてあるため、感染のリスクは低いといわれています。

それ以外の注射針(細菌除去フィルターが付いていない針)を使用

した場合は感染のリスクが高くなります。


 

 




サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!

(株式会社インターメディカ)

OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版

(小学館)


インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/


最終更新日:2015/9