看護用語詳細 エアー抜き
看護用語詳細


エアー抜きの方法


◆点滴チューブ内をプライミングする時

点滴などを実施するときに、ルート内に小さい気泡が溜まることが

よくあります。チューブ内を輸液などで満たす時に、ゆっくり液を

流していけば、気泡が出来るのを少なくすることが出来ます。

 

◆輸液などでルート内を満たしたあとのエアー抜きの方法

ルート内の壁にくっついている気泡は、チューブを垂直に立てて、

指などではじきます。空気は軽いため上の方に昇って行きます。

点滴筒内まで移動させます。

 

◆点滴交換時の点滴筒内とルート内にあるエアー抜きの方法

輸液が無くなっている場合(チューブ内に空気が入っている場合)

は、ボールペンなどの細い棒を使います。

まずクランプをして(クレンメを止める)、点滴筒を軽くつまん

で、点滴筒内に輸液を注入します。

輸液で満たされている方のチューブに、ボールペンなどを何回か巻

きつけます。巻きつける圧力でチューブ内の空気を点滴筒まで戻し

ます。

三方活栓又はゴム管が付いている場合は、注射器で輸液を満たし

ながら、空気を抜きます。

 

☆輸液フィルターが付いている場合は、少量の空気はフィルター

から抜けます。

 

☆空気が抜けない場合は、針を抜去して刺しかえるか、可能で

あればチューブだけ全部交換します。

 

 

 




サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!

(株式会社インターメディカ)

OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版

(小学館)


インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/


最終更新日:2015/9