看護用語詳細 インラインフィルターとは? 
看護用語詳細


インラインフィルターとは?


末梢の静脈や中心静脈ラインからの持続点滴を実施する時に

使用されるフィルター。

通常のフィルターの孔径は0.22μm

薬剤の種類によってはフィルターを通さないものもあります。

気泡や混入物、沈殿物などの除去、静脈炎の予防に有効とされて

います。



メリットとデメリットについて


◆メリット 

①沈殿物や気泡、異物などの侵入を最小限に抑える。


②静脈炎の予防に有効。


◆デメリット 

①感染のリスクが高くなる。

フィルターを取り付けることにより、接続部位からの感染や

フィルター自体が細菌を繁殖させる危険があるといわれています。


② フィルターを通さない薬剤もある。

薬剤の効果が低下又は期待できなくなります。


☆医療機関や医師によってインラインフィルターの取り扱い方は

異なります。米国ではインラインフィルターは使用していない様

です。濾過された輸液を使用していることと、クローズドシステム

が徹底されている為です。


 

 




サイト内コンテンツ




参考文献

書籍

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!

(株式会社インターメディカ)

OXFORD ポケット看護辞典 廣川書店

ナース必携最新基本手技AtoZ EXPERT・NURSE 保存版

(小学館)


インターネット

CDC感染対策情報

hica.jp/cdcguideline/

CDC (米国疾病予防管理センター)

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/


最終更新日:2015/9