静脈採血時の駆血帯に関する注意点
静脈血採血


静脈血採血時の駆血帯に関する注意点


☆採血する時に注意することは、溶血と血管内への逆流があります。


●駆血による溶血の原因

静脈からの採血時に駆血帯を使用しますが、駆血時間が長かったり、

採血時間が長かったりすると溶血のリスクが高くなります。

駆血時間や採血時間が長くなる要因としては、血管が細い、硬い、

脆い、出にくい、血圧が低い、栄養状態が悪い、高齢等があります

*検査項目によっては、駆血帯をしない場合もあります。


●血管内へ逆流する原因

駆血帯を外すタイミングを間違えると、採取した採血管内の血液が

静脈内に逆流するリスクがあります。採血ホルダーを使用して採血

する時は注意が必要です。

真空採血管内は陰圧になっている為、静脈内の血液は自然に採血管

内に注入されます。採血管内の圧が静脈圧と同じになった時点で、

血液の注入は自然に止まります。

注意することは、駆血帯を巻いた状態での静脈圧と、はずした時の

静脈圧は違いますので、採血管を刺し込んだ状態で、駆血帯を緩め

ないようにします。採血管を刺し込んだ状態で駆血帯を緩めると、

静脈圧の方が採血管内の圧より低くなる場合があり、採血管内の

血液や空気、凝固剤などが血管内に逆流してしまう危険があります。


以前は、未滅菌の採血管を使用していたり、採血ホルダーを再利用

していた為か、セラチア菌などの感染が報告され、2004年からは

採血管は滅菌済みのものを使うよう義務化されています。又、採血

ホルダーも原則1回のみの使用で使い捨てが、2005年から義務化さ

れています。


シリンジ(注射器)での採血の場合は、採血ホルダーでの採血より

逆流及び感染のリスクは低くなります。


続きはこちらです→ 溶血と逆流に関する対策




注射と穿刺 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)p37~


インターネット

厚生労働省HP内

医薬品・医療機器等安全性情報 

(7)真空採血管等における使用上の注意等の追加等について

www.mhlw.go.jp/houdou/2005/04/h0427-1.html

日本臨床衛生検査技師会HP内

標準採血法ガイドライン(第1版)

www.jamt.or.jp/information/official/h16/07-3.html

日本環境感染学会HP内 p

www.kankyokansen.org/new/anzenkanri205.pdf