血清・血漿・全血
血液検査 検体


血清・血漿・全血について


血液検査に用いられる検体には、

血清、血漿、全血があります。

 

●血清とは? 

血球とフィブリノーゲンやその他の凝固因子を除いた上澄み液。

血液を何も入ってない容器に入れて放置しておくと、自然に固ま

り、血清と血餅に分かれます。

血清と血餅を完全に分離するためには、しばらく放置し凝固させた

後に、遠心分離します。

 

*血球は細胞成分のことで、赤血球、白血球、血小板があります。

 

*血餅は、血球とフィブリンなどの凝固因子から成ります。

 

●血漿とは? 

血球を除いた、上澄み液。

フィブリノーゲンやその他の凝固因子が含まれています。

抗凝固剤入りの容器を使用します。

十分に転倒混和した後に遠心分離し、血漿と血球に分離します。

 

●全血とは?

全ての成分が含まれている血液のことです。 

抗凝固剤入りの容器を使用します。

 

*血液の検査項目によって、必要とされる検体は違ってきます。

血清や血漿、全血を保管する容器はそれぞれ異なります。

又、検査項目によっても異なります。

 

続きはこちらです→ 血液分離剤の特徴と種類

 




血液検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p17~p22 

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179


インターネット

ウィキペディア