血液分離剤について
血液検査 分離剤


血液分離剤について


血液検査の時に必要とされる検体には血清、血漿、全血があります。

分離剤は血清と血漿を保管、検査する時に役立ちます。

保管する時は血清や血漿の移し替えをすることなく、採血管のまま

保管できます。又検査するときの移し替えも容易に出来ます。

分離剤は白色透明のゲル状になって、あらかじめ採血管内に入って

います。

 

 

血清分離剤


血清を検査する時は、多くは血清分離剤入りの採血管を使用してい

ます。採血した血液を、血清と血餅に分離させる役割があります。

遠心分離すると、分離剤の下には、比重の重い血餅が、分離剤の

上には、比重の軽い血清に完全に分かれます。

より正確な検査データを得ることが出来ます。 

他の容器に移し替えなくても、そのまま保管することが出来る

ため、手間も省けます。分離剤が入っていないものは移し替えが

必要です。

血清分離剤とともに、血液の凝固を早める血液凝固促進剤が入って

いる採血管を使用するケースが多いです。凝固するまでの時間が早

くなります。数回転倒混和してから、しばらく放置しておきます。

血液の凝固を確認してから遠心分離します。 

 

*分離剤が入っていても移し替えが必要な検査項目もあります。

分離剤が検査に影響を与える場合は使用しません。例えば薬物検査

などでは、分離剤に吸着する薬物もあり正確なデータが得られなく

なります。その際は、何も入ってない採血管(プレーン管)を使用

するか、血液凝固促進剤だけ入っている採血管を使用します。

 

 

血漿分離剤


血漿を分離する場合は、たいていは抗凝固剤入りの採血管を使用し

ます。分離剤も入っている場合は、遠心分離後、分離剤の下には

比重の重い血球が、分離剤の上には比重の軽い血漿に完全に分かれ

ます。

血清は血液が凝固してから遠心分離しますが、血漿の場合は凝固

させる必要がないため早く検査できます。

*分離剤には、アクリル樹脂ゲル、ポリエステルゲル等があります。

 

続きはこちらです→ 血液凝固促進剤の特徴と種類

 




血液検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p17~p22 

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179


インターネット

ウィキペディア