血液凝固促進剤の特徴
血液検査 凝固促進剤


血液凝固促進剤の特徴


血液を早く固まらせる働きがあります。

血清を検査する時に使用され、血餅と血清の分離を早めます。

採取した血液を保存する容器(採血管)にあらかじめ入っています。

採血後は促進剤と混和させる為に、採血管を数回、転倒させます。

血液凝固促進剤は、凝固を促進することで、検査を早くすることが

出来ます。又、時間が経つと正確なデータが得らない場合にも使用

されます。

緊急時の場合や特殊な検査の時などに利用されることもあります。

血清分離剤とともに添加されている場合が多いです。

凝固促進剤にはいくつか種類があります。



凝固促進剤の主な種類


トロンビン、シリカ微粒子、アクチベータ(ガラス微粒子)など。

凝固因子を活性化させて血液の凝固を促進します。

あらかじめ採血管内に封入されています。

採血管内壁に塗布されたり、プラスチックフィルム等にコーティン

グされています。


*プラスチックフィルムなどにガラス微粒子などをコーティング

したものが凝固促進フィルム。


続きはこちらです→ 抗凝固剤の特徴と種類




血液検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p17~p22 

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179


インターネット

ウィキペディア