筋肉注射の目的、注射針のサイズ、注射する部位
筋肉注射


筋肉注射


●筋肉注射の目的

筋肉内に薬液を注入します。

皮下注射よりも吸収が早い。

皮下組織の下が「筋肉」になります。

刺激性の強い薬剤や油性、懸濁液などや皮下注射に比べて量が多い

場合などに実施されます。

       

●注射針のサイズ

21G 22G 23G

21G 22G 23G

 

油性の薬液の場合は21G  

*薬剤の種類によっては、20Gを使用するケースもあります。    

 

●注射する部位

三角筋(上腕外側の肩の筋肉)

臀部(お尻)の中殿筋(外側の上)

大腿部、など。

 

☆子どもや痩せている方は、お尻に注射した方が安全です。

 

●注射液の量

1~ 5ml

*量は目安です。

薬液の種類や年齢などにより異なります。  

 

●注射針挿入時の角度

注射部位(皮膚)に対して90度

 

●注射後のマッサージ

よく揉む

☆よく揉むことにより、薬液の吸収を良くして、硬結(しこり)や

疼痛、変色などを防ぎます。

 

*揉んではいけない薬液もありますので、注射する時は薬剤師や

医師に確認してください。薬剤に添付されている説明書の確認も

必要です。          

 

●注意すること

皮下注射と同じですが、皮下注射よりも深く刺すためより注意が

必要です。筋肉内は血管も多いため穿刺後、注射器内に血液が逆流

してきたら速やかに針を抜いて圧迫します。

激痛がした場合もただちに針を抜きます。

 

 

注射部位


●上腕三角筋の注射部位

肩峰の約三横指下。

 

●臀部の中殿筋の注射部位

クラークの点

上前腸骨棘と上後腸骨棘を結ぶ線の外側から1/3の部分。

上前腸骨棘は両側腸骨(骨盤最大の骨)の前方の突き出た部分。

腰に手をあてた時に前に触れる突き出た部分。

上後腸骨棘は両側腸骨後方の突き出た部分。

腰に手をあてた時に後方に触れる部分を後ろに辿っていくと、

上後腸骨棘に触れます。

腹臥位になった時はわかりやすい??。

上前腸骨棘はわかりやすいですが、上後腸骨棘はわかり難いですかね。

 

4分3分法

臀部片側の左右上下それぞれニ等分にします。

全部で4等分になります。

片側臀部の中心(4等分になった中心)から上方の外側45度の角度

で線を引きます。引いた線を3等分します。

注射部位は45度で引いた線の外側

1/3の部分になります。

 

ホッホシュテッツの部位

実施者(注射する人)の手掌を大転子部に置いて指を開きます。

第2指(人差し指)を上前腸骨棘に置いた時に、第2指と第3指

及び腸骨稜に囲まれた中心が注射部位になります。

大転子は大腿骨上部の外側に突き出た部分。

側臥位にするとわかりやすいですかね。

 

*多く実施されているのは4分3分法、安全性がより高いのは

クラークの点。

 

◆メモ◇~~~~~~~~~~

皮膚の構造

体の表面から順に「表皮 真皮 皮下組織」から成り立っています。

皮下組織の下が「筋肉」になります。

体表面に近いほど、体内への吸収が速度が遅くなります。

吸収速度が違うことにより、目的も違ってきます。

~~~~~~~~~~~~~~




注射と穿刺 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/注射

 

書籍

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」

インターメディカ p27~p36

「医学大辞典」医歯薬出版株式会社