皮内注射の目的と注射部位、針のサイズ、量
皮内注射


皮内注射


皮内注射の目的

表皮と真皮の間に薬液を注入します。

ツベルクリン反応やアレルゲンテスト、抗生剤などのアレルギー反

応テストなどの時に実施されます。

 

☆以前は抗生剤や造影剤の反応テストは多く実施されていました

が、最近では問診などで疑わしい場合などに実施されたり、

投与する時は充分注意して投与するようになっています。

テストで陰性になっても、アレルギー反応を起こす方も少なからず

いらっしゃる為に、有用性が疑問視され、現在では注意書きから

反応テストの実施が削除されています。

 

*抗生剤などのアレルギー反応テストに関する詳細は下記ページに

記載しています。

アナフィラキシー

 

●注射針のサイズ

26G 27G  

26G 27G

 

●注射する部位

前腕内側が最も多いです。

他に上腕外側。

 

●注射液の量

0.02ml-0.2ml

*量は目安です。注射剤や年齢により量が異なります。

  

●注射針挿入時の角度

針を刺す角度は、皮膚とほぼ平行にします。

 

☆薬液が入ると、はっきりとした膨疹ができます。

 

●注射後のマッサージ

ツベルクリンやアレルゲンなど注射液の反応を診ますので、

注射後はもんだりさすったりしない、触らないことが大切です。

 

◆メモ◇~~~~~~~~~~

皮内注射による皮膚反応テストの方法

テスト液(投与する薬剤)と対照液(生理食塩水など)をそれぞれ

皮内に注射します。間隔は3cmほど離して注射します。

識別できるようにシールなどを貼っておきます。

抗生剤の場合は注射後15分~20分経過してから、両方を比較

して判定します。

★反応テストの判定は医師が行います。

 

皮膚の構造

体の表面から順に「表皮 真皮 皮下組織」から成り立っています。

皮下組織の下が「筋肉」になります。

体表面に近いほど、体内への吸収が速度が遅くなります。

吸収速度が違うことにより、目的も違ってきます。

~~~~~~~~~~~~~~

 

続きはこちらです→ 皮下注射

 




注射と穿刺 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/注射

厚生労働省HP内

医薬品・医療用具等安全性情報

www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1028-2a.html

 

書籍

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」p15~p19

 インターメディカ

「医学大辞典」医歯薬出版株式会社