尿検査で異常があった場合
尿検査 異常


尿検査で異常があった場合


異常があった場合は、再検査や精密検査が必要になりますが、

中には病的ではない、生理的、一時的な異常値もあります。

同じ項目を期間をおいて実施することにより、一時的な異常かどう

かの判断にもなります。再検査でも異常がでた場合は、あらたな

検査が必要になる時もあります。

尿検査で潜血反応が陽性だった場合は、血液検査など他の検査

結果と照らし合わせます。又、患者さんの病歴、問診、触診、症状

等も含めて、総合的に判断されます。例えば、背中を叩いて、痛み

があるようであれば、結石や腫瘍なども考えられます。その場合

は、血液検査や腹部のレントゲン、超音波、CT、さらに、

造影剤等を使用した腎臓、尿路の精密検査が指示される場合もあります。

腎臓、尿路に病気が疑われる場合は、専門は泌尿器科になりま

す。病院によっては、内科でみる場合もあります。

 

★いろいろ検査をしても、原因がはっきりしない場合もあります。

そういう時は、しばらく様子をみて、定期的に検査を受けることが

大切になります。

 

続きはこちらです→ 病的でない場合 

 




尿検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)


インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/尿検査