洗浄の目的
洗浄の目的


洗浄の目的


洗浄の目的は消毒や滅菌をより確実に実施するためです。

目に見える付着物(埃や汚れ、血液など)と、目に見えない付着物

(微生物など)を出来るだけ多く取り除くことにより、消毒や滅菌

の効果を十分に得られるようにします。

洗浄しなかったり、洗浄が不十分の場合は、付着物が消毒薬の効力

を弱めたり、消毒薬や熱などにより付着したものを変性、凝固、

固着させるリスクがあります。これらが消毒や滅菌を邪魔して十分

な効果が得られなくなります。又、微生物の数が少なければ少ない

ほど、十分な効果を得られる確率がより高くなるため、なるべく少

なくする必要があります。

 

消毒や滅菌の効果を妨げない為には、洗浄はとても重要な作業に

なります。

感染防止だけではなく、器材などの性能の保持にもつながります。

 

*消毒や滅菌の前だけではなく、消毒した後にも洗浄します。

消毒薬を残さないためです。薬剤が残っていると人体に害を及ぼす

リスクがあります。又、器材などの性能の保持にもなります。

人体(粘膜、手術野、創傷部位など)に使用する医療機器の場合は、

滅菌水で洗い流します。

例えば、高水準に使用する消毒薬は毒性や刺激の強いものもある為、

滅菌水などで十分に洗い流す必要があります。

 

続きはこちらです→ 消毒の目的




洗浄・消毒・滅菌 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

医薬品医療器機総合機構HP内

「滅菌法及び無菌操作法PDF」

//www.pmda.go.jp/public/pubcome_200906/file/004-0906.pdf

人工呼吸の安全セミナーテキスト P9-p10

//www.info.pmda.go.jp/anzen_gyoukai/file/jamei01.pdf

厚生労働省HP内 

「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」

//www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1a.html

医療施設における院内感染の防止について

//www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0906-3d.pdf

ウィキペディア

//ja.wikipedia.org/wiki/滅菌

//ja.wikipedia.org/wiki/消毒

//ja.wikipedia.org/wiki/洗浄


書籍

「クラールビジュアルテキストブック・よくわかる微生物」医学芸術社 p110-p115

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「ナースのための感染症対策マニュアル」文化放送ブレーン p14,p15

「ナース必携最新基本手技AtoZ/保存版」小学館 p252-p266