洗浄の方法
洗浄の方法


洗浄の方法


最も一般的な洗浄方法は、手を使って洗う方法(用手洗浄)です。

通常は、洗浄用のスポンジやブラシなどに洗剤をつけて洗浄し、

流水できれいに洗い流します。

組織や血液、汚れなどがこびり付いている場合は、しばらく浸漬

(シンシ)した後、洗浄します。

 

洗浄する器材などや付着状態によって、洗浄の方法は多少異なる

場合もあります。

使用後、水道水だけで洗い流した後、洗浄液に浸して、その後

スポンジやブラシなどに洗浄液をつけて、物理的に付着物を取り

除き、水で綺麗に洗い流す場合もあります。

 

その他の洗浄方法で多く利用されているのが、超音波があります。

手では洗いにくい器材や乾燥し固着している器材などに有効とされ

ています。

他にも噴射式洗浄などがあります。

洗浄できない医療機器もあります。

内視鏡など洗浄しにくい機器は専用の洗浄機があります。

 

*医療機関では医療用の洗剤(洗浄液)を使用して洗浄します。

たんぱく質分解酵素などを含んでおり、除菌効果が高いものが多いです。

 

★手で洗浄するときは必ず専用の手袋を着用します。

 

続きははこちらです→ 消毒の方法

 




洗浄・消毒・滅菌 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

医薬品医療器機総合機構HP内

「滅菌法及び無菌操作法PDF」

//www.pmda.go.jp/public/pubcome_200906/file/004-0906.pdf

人工呼吸の安全セミナーテキスト P9-p10

//www.info.pmda.go.jp/anzen_gyoukai/file/jamei01.pdf

厚生労働省HP内 

「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」

//www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1a.html

医療施設における院内感染の防止について

//www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0906-3d.pdf

ウィキペディア

//ja.wikipedia.org/wiki/滅菌

//ja.wikipedia.org/wiki/消毒

//ja.wikipedia.org/wiki/洗浄


書籍

「クラールビジュアルテキストブック・よくわかる微生物」医学芸術社 p110-p115

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「ナースのための感染症対策マニュアル」文化放送ブレーン p14,p15

「ナース必携最新基本手技AtoZ/保存版」小学館 p252-p266