アンプルカット時の注意点と対策
アンプルカット


アンプルカット時の注意点


●ガラスの細かい破片などの異物が薬液に混入しないようにする。

*ガラスをカットする時は微小なガラスの破片が生じる為、薬剤

への混入を防ぐ必要があります。

 

●細菌などの混入を避ける。

 

●ガラスで指などに傷をつけないようにする。


 

ガラス片などが薬液に混入しないための対策


カットする部分への負荷を最小限にすることが大切になります。

*特に大きなアンプル(20ml 50mlなど)は気をつけます。


・力を入れすぎない。


・アルコール綿などの活用。


・指の腹全体でしっかり把持し頭部を持ち上げるようにして折る。


・プラスチックアンプルの使用。


*最近では大きなアンプルはプラスチックアンプルに切り替えて

いるところもあります。



細菌等の混入を避ける為の対策


●可能であれば、調剤室など清潔な環境下(クリーンルームなど)

で実施する。

☆病室内での実施は緊急時以外は避ける。


●実施する前に手を清潔にする。


●アルコール綿などでの消毒をしっかりする。


●異物などの混入を最小限に抑える(上記の対策と同じ)



ガラスで指等に傷をつけないようにする為の対策


●カットの部分に負荷をかけすぎない。

怪我をし易い部位は人差指です。

カットする角度にもよりますが、人差指の第一関節の側面で把持

してカットする場合があります。

この方法だと力が入り易くてカットし易いですが、大きいアンプル

の場合は怪我をし易くなります。又カット部分の負荷が強くなる為

ガラス片が混入しやすくなります。ですので理想としてはなるべく

指の腹全体で把持してカットした方が安全です。


●傷がついている部分が正確に確認できる様に真正面に位置させる。

アンプル頭部と傷がついている部分を直角にカットすること。

斜めになると折れにくくなります。

無理に折ると形が崩れカット面があらくなり怪我をし易くなります。

又負荷が強くなるためガラス片が多くなります。その為正確な位置

でカットすることが重要になります。


●アルコール綿や滅菌ガーゼなどをあててカットする。


●傷がつかないように、前もってゴム手袋やカットバンなどで保護

しておくと安心です。


●慌てないこと。


●力を入れすぎないこと。


●最初は小さいアンプルでコツをつかむ。



◆まとめると


●慌てないこと。


●無理に折ろうとしない。

カットし難い場合は、傷の位置を再確認したりアンプルカッターで

再度傷をつける。


●指に傷をつけないように、ゴム手袋やカットバンなどで指を保護

しておく。


●アルコール綿や滅菌ガーゼなどをあててカットする。


●最初は小さいアンプルでコツをつかむ。

回数を重ねると力の入れ具合や、きれいに割れて負荷のかからない

持ち方など、体が自然に覚えてきます。


●力を入れすぎないようにして下さい。


●大きなアンプルは特に注意して取り扱う。

*可能であれば大きなアンプルはプラスチックアンプルに切り替え

た方が安全です。




注射と穿刺 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

最新医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

写真でわかる基礎看護技術①看護技術を基礎から理解!(株式会社インターメディカ)


インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/注射