注射針・穿刺針
注射針・穿刺針の種類


注射針・穿刺針の種類


●注射針

主に皮下や筋肉、静脈内に使用される注射針です。

商品名では、フローマックス、カテラン針、サーフロ針、スパイナ

ル針、テフロン針、パイロット針 などがあります。


●採血用針

主に採血する時に使用される針です。

真空採血用ホルダー又は、ディスポの採血シリンジに針を取り付け

ます。 

針は上記の注射針を使用するケースが多いです。

採血方法は、血管内(静脈)に針を刺して採血します。


*通常は末梢静脈から採血します。

血液ガス検査の場合は動脈から採血します。


☆血糖値や血算などを調べるために、指先や耳朶に専用の細い針を

刺して、微量を採血する方法などもあります。


●輸液セット(点滴セット)

エアー針、ビン針、点滴筒、クランプ、チューブなどがセット

されています。


●輸血セット

輸血時に使用される針、チューブ、点滴筒、クランプ、フィルター

などがセットされています。    


●翼付針

針に翼が付いている針です。

点滴や静脈注射などに使用されています。

翼状針ともいいます。医療機関ではこう呼ばれることが多いです。


●末梢血管用留置針

持続点滴など長時間輸液が必要な時に使用される針です。

内筒と外筒の二重構造になっています。

内筒が針で外筒はカテーテルです。

商品名例

スーパーキャス、サーフロー留置針などがあります。

 

●血液透析用留置針

血液透析の時に使用され血管留置針です。

商品名例

クランプキャス、ハッピーキャス、サーフロー留置針等があります。 


*サーフロー留置針は、静脈、動脈、人工透析の動静脈瘻(内シャ

ント)などの留置用に使用されます。


☆看護師が医師の指示の下で実施出来る注射や穿刺は通常は、

筋肉内、皮下、皮内、静脈内になります。


続きはこちらです→ 注射針のサイズとカラーコード  




注射と穿刺 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/注射

厚生労働省HP内

医薬品・医療用具等安全性情報

www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1028-2a.html

 

書籍

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」p15~p19

 インターメディカ

「医学大辞典」医歯薬出版株式会社