注射とは? 穿刺とは?


注射とは?


薬の投与方法の一つで、針を体内(皮下や筋肉、血管等)にさし

て、薬液を注入することです。

注射には筋肉注射、皮下注射、皮内注射、静脈注射、関節注射等が

あります。

 

☆注射や穿刺の針は、全て、中が空洞になっています。

 

 

穿刺とは?


血管や筋肉、関節腔、腹腔、胸腔、骨髄などに針を刺す事です。

治療や検査、症状緩和等の時に実施されます。

治療には薬液の注入や脳圧の減圧、関節液を抜く、膿を出す等の

処置が行われます。

検査では血液、関節液、髄液、漏出液等の検体を採取する時に実施

されます。

症状の緩和では、腹水や胸水、関節液、髄液などが体内に多く溜ま

った時に穿刺して体外へ排出します。

 

続きはこちらです→ 注射針・穿刺針の種類

 




注射と穿刺 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/注射

厚生労働省HP内

医薬品・医療用具等安全性情報

www.mhlw.go.jp/houdou/2004/10/h1028-2a.html

 

書籍

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」p15~p19

 インターメディカ

「医学大辞典」医歯薬出版株式会社