検査項目と採血、必要検体、容器など
検査項目

★採血管のキャップの色や採血量は各医療機関で異なる場合もあり

ます。各医療機関には、検査項目や採血量、容器などを記載して

ある説明書などがおいてあると思いますので、現場で仕事をする

場合は、検査技師さんなどに確認してください。

ここでは一つの例として記載してあります。


血液一般検査(末梢血一般・血算)


採血量:2ml

必要検体:全血

容器内:抗凝固剤のEDTAが入っている容器

キャップの色:紫

主な検査項目

赤血球(RBC)、白血球(WBC)、血小板(PLT)、ヘモグロビン(Hb)、

ヘマトクリット(Ht)、血液像 等

 

 

生化学検査


採血量:3ml~5ml

必要検体:血清

容器内:血清分離剤

キャップの色:茶色

主な検査項目

AST=GOT、ALT=GPT、CHE、ALP、γ-GTP、LDH、総蛋白、

総ビリルビン、尿素窒素、クレアチニン、尿酸、ナトリウム、

カリウム、クロール、など

 

●検査されることが多い主な項目

肝機能検査

主な検査項目

AST=GOT、ALT=GPT、CHE、ALP、γ-GTP、LDH、

総蛋白、総ビリルビン など

 

腎機能検査

主な検査項目

尿素窒素、クレアチニン、尿酸 など

 

電解質検査

Na(ナトリウム) K(カリウム) Cl(クロール・塩素)など

 

★採血後は室温に置く。

★血清分離後は、4~10℃で保存

 

*生化学検査の項目によっては、血漿分離用の容器を用いる場合

もあります。血清を使用する検査でも、検査項目により、容器が

違います。血清分離剤入りの容器(血清を使用する検査項目では

殆どがこの容器)、血清分離剤を使用しない容器(例:血液型、

クロスマッチなど)、抗プラスミン剤入りの容器(例:FDPなど)

抗凝固剤入りの容器(例:血液型、クロスマッチなど)

 


血糖、HbA1C


●血糖

採血量:2ml

必要検体:全血

容器内:フッ化ナトリウム(NaF)

キャップの色:グレー


●HbA1C

採血量:2ml

必要検体:全血

容器内:EDTA 又は NaF

キャップの色:グレー又は紫


★固まらない様に良く混和した後、4~10℃で保存。

     

☆フッ化ナトリウムは糖の分解を阻止する作用があります。

血漿や血清が分離するまでの間に、糖の分解を止めておかないと

血糖が消費され低下するため。

 

 

腫瘍マーカー


採血量:必要量の2~3倍

必要検体:血清

容器内:血清分離剤入り

キャップの色:茶色

主な検査項目

CEA(癌胎児性抗原)、TPA、SCC抗原、CA15-3、AFP、

CA19-9、CA125、PAP など



血中アンモニア(NH3)


採血量:2ml

必要検体:血漿0.5ml 

容器内:EDTA-2K入り 

キャップの色:緑や紫

検査目的

高度な肝臓機能低下(劇症肝炎や肝硬変、肝性昏睡など)


★注意点

採血後はすぐに冷やして、検査室へ



血液凝固(PTプロトロンビン)


採血量:1.8ml

必要検体:血漿

容器内:クエン酸ナトリウム入り(血漿を分離)

キャップの色:黒

 




血液検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p17~p22 

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179


インターネット

ウィキペディア