採血管内の薬剤について
血液検査 採血管


採血管内の薬剤について


採血管内にはあらかじめ薬剤が入っている容器と入ってない容器

(プレーン採血管)があります。

あらかじめ採血管内に入っている薬剤には、血清分離剤、

血漿分離剤、抗凝固剤、凝固促進剤などがあります。

血清分離剤のみの容器、抗凝固剤のみの容器、凝固促進剤のみの

容器、血清分離剤と凝固促進剤の両方が入っている容器、血漿分

離剤と抗凝固剤の両方が入っている容器、何も入ってない容器

(プレーン採血管)などがあります。

検査項目に従って採血管を使い分けします。


*検査項目や検体の種類などで採血管内の薬剤や採血管の容量等は

異なります。又、わかり易く識別できるように採血管のキャップ

の色も異なります。


☆取り扱っている検査機器や検査方法などにより、採血管の種類も

各医療機関で異なる場合もあります。


☆各医療機関には、検査項目や採血量、容器などを記載してある

説明書などがおいてあると思いますので、検査技師さんなどに確認

してください。

 

 

血液分離剤について


分離剤を使用することで、遠心分離した時に、血清と血餅、血漿と

血球を完全に分離させることができます。

遠心分離すると、分離剤の下には、比重の重い血餅や血球が、分離

剤の上には、比重の軽い血清や血漿に完全に分かれます。

検査や保管が容易で、より正確なデータが得られることになります。

検査する時に上澄み液の移し替え(デカンテーション)が容易に行

え、保管する時には血清や血漿の移し替えは必要なく、採血管を

そのまま保管できます。


*分離剤を使用しないで保管する場合は、別な容器に移し替える

必要があります。

 

 

血液凝固促進剤について


血液凝固促進剤は、凝固を促進することで、検査を早くすることが

出来ます。又、時間が経つと正確なデータが得らない場合にも使用

されます。緊急時の場合や特殊な検査の時などに利用されることも

あります。血清分離剤とともに添加されている場合が多いです。

凝固促進剤には、いくつか種類があります。

検査項目に影響のない又はより少ない凝固促進剤が選択されます。

 

 

抗凝固剤について


血漿や全血が必要な検査の場合は、抗凝固剤が必要になります。

抗凝固剤は主に血液の凝固の進行を防ぐ役割があります。

血液は放っておくと自然に凝固します。血小板や凝固因子などが

時間の経過とともに消費され、血餅を形成して血液を固めます。

この時の上澄み液は、血清になります。


血漿や全血を検査する時は、抗凝固剤を使用して血小板やフィブリ

ノーゲン、その他の凝固因子の消費の進行を防ぎます。又、糖の分解

を阻害する抗凝固剤もあります。 

抗凝固剤にはいくつか種類があります。検査項目に影響のない又は

より少ない抗凝固剤が選択されます。


続きはこちらです→ 血清・血漿・全血について




血液検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p17~p22 

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179


インターネット

ウィキペディア