尿検査の目的 主な検査項目
尿検査


尿検査の目的


尿は腎臓で作られ、尿管、膀胱、尿道を通って体外に排出されます。

それらのどこかに異常がないかどうかを調べる方法として、最初に

実施されるのが尿の検査になります。

腎臓や尿管、膀胱、尿道などの局所の異常、例えば、結石や炎症、

腫瘍など限局した異状をしる手がかりになります。又、全身に関わ

る異常も知ることが出来ます。例えば、糖尿病、肝臓、心臓、内分

泌などの異常を知る手がかりにもなります。


 

主な検査項目


最初に実施される主な尿検査には、色調、pH、蛋白、ブドウ

糖、ケトン体、潜血反応、ビリルビン、ウロビリノゲン、亜硝

酸塩、尿ちんさ等があります。

上記の中で、尿ちんさ以外は、肉眼や試験紙ですぐ調べることが

できます。

 

続きはこちらです→ 尿の色調とpH

 




尿検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)


インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/尿検査