薬剤による消毒・取り扱い時に注意することなど
薬剤消毒:注意すること


薬剤消毒・取り扱い時に注意することなど


●薬剤を取り扱う時は必ず手袋やマスクなどを着用する

消毒薬を取り扱う時は、手袋は必ず着用します。

刺激の強い薬剤を取り扱う時は、マスク、ゴーグル、防水用のガウン

も必ず着用します。又、換気をよくして作業を行います。

特に高水準の消毒薬は、人体のどの部分に触れても損傷のリスクは

とても高くなります。


●換気をよくする

揮発性がある消毒薬は、空中の薬剤濃度がある一定の範囲を超えた

場合は、気道や眼を刺激して害を与える危険もあります。その為、

必ず換気をよくしておきます。


*揮発性の薬剤を使用する場合(特に高水準の消毒薬)は、

浸した後は必ずふたをします。


●すすぎを十分に実施する

再利用する医療機器などに消毒薬が残存している場合、粘膜や皮膚

などに炎症などを起こすリスクがある為、多量の水や滅菌水で消毒薬

を十分に洗い流します。特に高水準の消毒薬は注意が必要です。


●消毒薬の温度にも注意する

通常は温度が低いと十分な効力が得られない為、温度にも注意します。

各消毒薬の説明書を確認して温度を確かめてください。


*通常は温度が高いほど消毒の効果も高くなるようです。

消毒薬を水で薄める時は水温にも注意が必要です。

5℃以下の場合は効果が期待できない薬剤もあるようです。

各薬剤の説明書を確認することが大切です。

適正な温度を把握しておく必要があります。


●その他

・ひびや錆がある機器などには使用しない。


・良く洗浄した後、水切りを十分して消毒薬に浸す。


・消毒後は滅菌水又は水で十分にすすいで、乾燥させる。


*粘膜や創傷などに使用する場合は、滅菌水で水洗。


・高水準の消毒薬を使用する時は、効力が低下しないように、濃度

には注意する。


*時間とともに有効濃度が低下するためです。

回数を重ねると水で希釈されます。


☆消毒薬を使用する時は必ず添付文書などを確認して下さい。


次の項目はこちらです→ 滅菌の方法 概要 




洗浄・消毒・滅菌 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

厚生労働省HP内

「無菌操作法による無菌医薬品の製造に関する指針」の改訂について

wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110422I0020.pdf

◎「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」

www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1a.html

医療施設における院内感染の防止について

www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0906-3d.pdf

平成16年度及び平成17年度試行物質リスク評価書 p28~

www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0912-6g.pdf

医薬品医療器機総合機構HP内

「滅菌法及び無菌操作法PDF」

www.pmda.go.jp/public/pubcome_200906/file/004-0906.pdf

人工呼吸の安全セミナーテキスト P9-p10

www.info.pmda.go.jp/anzen_gyoukai/file/jamei01.pdf

各商品の添付文書

一般社団法人・日本医療機器学会HP内

◎医療現場における滅菌保証のガイドライン2010 p96~

www.jsmi.gr.jp/guidelinenew010.pdf

洗浄評価判定ガイドライン

www.jsmi.gr.jp/senjyou.pdf

社団法人・日本感染症学会HP内 洗浄

www.kansensho.or.jp/sisetunai/2008_3_pdf/04.pdf


書籍

「クラールビジュアルテキストブック・よくわかる微生物」医学芸術社 p110-p115

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「ナースのための感染症対策マニュアル」文化放送ブレーン p14,p15

「ナース必携最新基本手技AtoZ/保存版」小学館 p252-p266