フッ化ナトリウムの特徴と主な検査項目
血液検査 抗凝固剤


フッ化ナトリウム(NaF)の特徴


カルシウムイオンと結合して凝固を阻害するとともに、糖の分解を

阻害する働きもあります。

抗凝固剤としてではなく、解糖阻止剤として使用されています。

抗凝固作用は弱いため、他の抗凝固剤(EDTA-2Na、ヘパリンナトリ

ウムなど)と一緒に使うことが多いです。


*血糖とヘモグロビンA1cを検査する時は、少なくともEDTA-2Naと

フッ化ナトリウムの2種類が封入された採血管を使用するケースが

多いようです。


☆フッ化ナトリウムが糖の分解を阻害する作用を発現するまでには

時間を必要とします。

 

 

主な検査項目


グルコース(血糖・BS)、ヘモグロビンA1c など

 

続きはこちらです→ 検査項目と採血量等

 




血液検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)p2~p9 p82~p98

エキスパートナース 新・検査マニュアル(小学館)p106

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)p174~p179

 

インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/抗凝固薬

ja.wikipedia.org/赤血球沈降速度

ja.wikipedia.org/エチレンジアミン四酢酸

ja.wikipedia.org/ヘパリン