セミクリティカル機器
スポルディング:セミクリティカル


セミクリティカル(感染度が中)


セミクリティカルは中程度の処理で、中水準、高水準の消毒が

必要です。

 

●セミクリティカル機器 

正常な粘膜には接触しても、血管や無菌組織には触れない機器。

正常でない皮膚(傷などある場合)に触れる機器など。

<例>

内視鏡、気管内チューブ、経鼻カテーテル、体温計(口腔用、

直腸用)など

 

●処理方法

高水準消毒 又は 中水準消毒。

 

*器材や材質によっては消毒薬が使用できないものもあります。

その場合は、滅菌が必要になります。

 

☆消毒後は、滅菌精製水で消毒薬をきれいに洗い流してから、

乾燥させます。

 

続きはこちらです→ ノンクリティカル

 




洗浄・消毒・滅菌 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

医薬品医療器機総合機構HP内

「滅菌法及び無菌操作法PDF」

//www.pmda.go.jp/public/pubcome_200906/file/004-0906.pdf

人工呼吸の安全セミナーテキスト P9-p10

//www.info.pmda.go.jp/anzen_gyoukai/file/jamei01.pdf

厚生労働省HP内 

「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」

//www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1a.html

医療施設における院内感染の防止について

//www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0906-3d.pdf

ウィキペディア

//ja.wikipedia.org/wiki/滅菌

//ja.wikipedia.org/wiki/消毒

//ja.wikipedia.org/wiki/洗浄


書籍

「クラールビジュアルテキストブック・よくわかる微生物」医学芸術社 p110-p115

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「ナースのための感染症対策マニュアル」文化放送ブレーン p14,p15

「ナース必携最新基本手技AtoZ/保存版」小学館 p252-p266