ケトン体・潜血・ビリルビン・ウロビリノゲン・亜硝酸塩
尿検査 ケトン体等


ケトン体


正常:陰性

アセトン体ともいいます。

陽性の場合は、下痢や嘔吐が続いたとき、飢餓、過剰の脂肪食、

糖尿病などが疑われます。


 

潜血反応


正常:陰性

潜血反応が陽性であれば、腎、尿管、膀胱、尿道、前立腺などに、

炎症、結石、腫瘍などがまず疑われることになります。



ビリルビン


正常:陰性

肝臓、胆道、膵臓などの病気、薬物中毒等が疑われます。


 

ウロビリノゲン


正常値:陽性 + 1プラス

強陽性と陰性が異常値になります。

肝臓、胆道の病気、溶血性疾患、発熱、運動後等が疑われます。


亜硝酸塩


尿路感染症など  


続きはこちらです→ 異常があった場合




尿検査 項目一覧





サイト内コンテンツ




◆参考文献

書籍

今日の臨床検査(南江堂)

医学大辞典(医歯薬出版株式会社)

エキスパートナース「最新基本技術AtoZ(小学館)


インターネット

ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/尿検査