クリティカル機器
スポルディング:クリティカル


クリティカル(感染度が高い)


クリティカルは厳密な処理で、滅菌が必要です。

 

●クリティカル機器 

感染させる確率が最も高い医療機器。

無菌領域(血管内や組織内など)に挿入される機器など。

<例>

メス、針、手術用機器、血管内に挿入される全てのカテーテル、

体内に留置する機器(尿留置カテーテル、ドレーンなど)

 

●処理方法

処理方法は滅菌になります。 

滅菌方法としは、高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)、乾熱滅菌

エチレンオキサイドガス滅菌、放射線滅菌、過酸化水素ガスプラズ

マ滅菌、濾過滅菌 など様々あります。

機器の種類や材質により適した方法が選択されます。

 

*上記の方法で滅菌できない場合は、高水準の消毒薬で化学的滅菌

を実施する医療機器などもあります。

 

◆メモ◇~~~~~~~~~~

医療機器について

医療機器には、CTやMRIなどの大型の診断機器から、絆創膏や

ガーゼ、包帯などの衛生材料まで様々な種類が含まれます。

詳細は下記をご参照ください。

医療機器について

~~~~~~~~~~~~~~

 

続きはこちらです→ セミクリティカル




洗浄・消毒・滅菌 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

医薬品医療器機総合機構HP内

「滅菌法及び無菌操作法PDF」

//www.pmda.go.jp/public/pubcome_200906/file/004-0906.pdf

人工呼吸の安全セミナーテキスト P9-p10

//www.info.pmda.go.jp/anzen_gyoukai/file/jamei01.pdf

厚生労働省HP内 

「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」

//www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1a.html

医療施設における院内感染の防止について

//www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0906-3d.pdf

ウィキペディア

//ja.wikipedia.org/wiki/滅菌

//ja.wikipedia.org/wiki/消毒

//ja.wikipedia.org/wiki/洗浄


書籍

「クラールビジュアルテキストブック・よくわかる微生物」医学芸術社 p110-p115

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「ナースのための感染症対策マニュアル」文化放送ブレーン p14,p15

「ナース必携最新基本手技AtoZ/保存版」小学館 p252-p266