中水準の消毒薬 : アルコール製剤
中水準:アルコール製剤


中水準消毒薬:アルコール製剤


●微生物に対する効果

芽胞を除いた細菌、結核菌、真菌、一部のウィルスに有効。


*70%~80%の濃度が効果が最も高いとされています。

アルコールの場合は濃度が高すぎると反対に殺菌力は低下するよう

です。

 

用途

短時間で効力を発揮します。又、揮発性が高いため、早く乾きます。

その為、採血や注射などを実施する時の皮膚の消毒に多く使用され

ています。

他にも手指の消毒、医療機器などの消毒にも使用されています。

ゴム類やプラスチック類、光学機器類などは変質する場合もある様

です。

*粘膜や傷のある部位には使用しません。

 

注意すること

同じ部位に繰り返し使用した場合は、皮膚があれる場合もあります。

アルコールにアレルギーのある人は使用しません。

揮発性が高く、引火する危険もある為、電気メスの使用時など、

電気火花や火気には注意が必要です。

 

◆メモ◇~~~~~~~~~~

アルコール製剤 商品名 例

消毒用エタノール

70%イソプロパノール

70%イソプロピルアルコール

など 他にも多くの種類が使用されています。

~~~~~~~~~~~~~~


続きはこちらです→ ポビドンヨード製剤

豆知識

採血や注射時にアルコール綿(酒精綿)で消毒することが

多いと思いますが、穿刺する部分をアルコール綿で消毒したあと、

アルコールが乾いた瞬間が消毒効果が最も高いようです。

乾ききっていない状態で穿刺した場合は、感染のリスクがより高く

なったり、穿刺時の痛みも増す可能性もあります。


*皮下注射や筋肉注射などの時の皮膚消毒は、意味が無いという

説もあるようですが・・・・・

 




洗浄・消毒・滅菌 項目一覧





サイト内コンテンツ




◇参考文献

インターネット

厚生労働省HP内 

「無菌操作法による無菌医薬品の製造に関する指針」の改訂について

wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T110422I0020.pdf

◎「医療施設における院内感染(病院感染)の防止について」

www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0202-1a.html

医療施設における院内感染の防止について

www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0906-3d.pdf

平成16年度及び平成17年度試行物質リスク評価書 p28~

www.mhlw.go.jp/shingi/2006/09/dl/s0912-6g.pdf

医薬品医療器機総合機構HP内

「滅菌法及び無菌操作法PDF」

www.pmda.go.jp/public/pubcome_200906/file/004-0906.pdf

人工呼吸の安全セミナーテキスト P9-p10

www.info.pmda.go.jp/anzen_gyoukai/file/jamei01.pdf

各商品の添付文書

一般社団法人・日本医療機器学会HP内

◎医療現場における滅菌保証のガイドライン2010 p96~

www.jsmi.gr.jp/guidelinenew010.pdf

洗浄評価判定ガイドライン

www.jsmi.gr.jp/senjyou.pdf

社団法人・日本感染症学会HP内 洗浄

www.kansensho.or.jp/sisetunai/2008_3_pdf/04.pdf

ウィキーペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/消毒

http://ja.wikipedia.org/wiki/消毒薬

http://ja.wikipedia.org/wiki/滅菌

http://ja.wikipedia.org/wiki/洗浄

http://ja.wikipedia.org/wiki/アルコール

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポビドンヨード

http://ja.wikipedia.org/wiki/次亜塩素酸ナトリウム


書籍

「クラールビジュアルテキストブック・よくわかる微生物」医学芸術社 p110-p115

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「ナースのための感染症対策マニュアル」文化放送ブレーン p14,p15

「ナース必携最新基本手技AtoZ/保存版」小学館 p252-p266