外来看護概要
外来看護


外来看護について


外来は多くの患者さん方が、様々な症状や不安をかかえながら、

診察に来られる所です。

そういう方々に少しでも安心して診察を受けられる様に手助け

する事も、看護師の大切な役割でもあります。


20床以下の診療所から1000床を超える大学病院迄、医療機関の

規模もいろいろあります。規模によって又は、医療機関によって、

看護師の役割も多少異なる部分もあるかもしれません。


小規模な医院などでは看護師の仕事は多種多様です。

例えば、一人で、心電図、採血、医師の介助、受付、レントゲンの

準備、検査用紙の記入・・・など こなさなければならない役割が

多くあります。

一方、大学病院等の規模の大きい病院は、役割分担が明確にされて

いる所が多いと思います。

例えば、受付担当の看護師、検査担当(採血など)の看護師 など

役割を明確に分担することにより、多くの外来患者さんを受け入れ

ている病院にとっては、仕事がスムーズに流れて、時間の節約にも

つながっていると思います。


◆メモ◇~~~~~~~~~~

診療科目について

外来には多くの診療科目があります。

一般的に知られている外来には、内科、外科、整形外科、精神科、

皮膚科、耳鼻科、眼科、歯科、小児科、産婦人科などがあります。


内科はさらに専門化された外来が多くあります。

消化器、循環器、呼吸器、神経、泌尿器、内分泌など 他にも多く

の診療科目があります。


外科では、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科等

があります。


特定の疾患などに対して専門で治療を行う外来もあります。

例えば、糖尿病外来、認知症外来、ペインクリニック、放射線科、

アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、血液透析科、

肛門外来、乳腺科外来、腫瘍外来等もあります。


婦人科では更年期外来もあります。


あまり知られていない外来には、気管食道外来、脂質代謝内科

女性内科外来、老年内科、遺伝診療科などがあります。

~~~~~~~~~~~~~~


内科外来看護について

内科外来看護 項目一覧







サイト内コンテンツ