適正なカフ圧 気管粘膜の血流 気管壁の毛細血管圧 気管動脈圧 気管静脈圧 皮膚毛細血管圧
気管内挿管 適正なカフ圧

*文献により数値は多少異なります。

*カフ圧計や気管チューブの種類(カフの種類など)で数値の範囲

や単位が異なります。


適正なカフ圧


●適正圧(安全域)の数値例

20~25cmH2O(水柱圧)

20~30cmH2O

20~40cmH2O  

27~34cmH2O


水柱圧(cmH2O)と水銀圧(mmHg)の両方が併記されたカフ圧計もあります。

1mmHg(水銀圧) ≒1.36cmH2O


hPa(ヘクトパスカル)で表記されたカフ圧計もあります。

1cmH2O ≒ 1hPa


カフ圧計がない場合やカフ圧計が使用できない気管チューブの場合

は、パイロットバルーンの膨らみが、耳たぶ程度の感触を目安とす

る場合もあります。緊急時の場合はとりあえずエアリークのない圧

で固定し、その後カフ圧計で正確に計測する必要があります。  


※個人に合った適正な圧もあると思います。

患者さんや臨床状況などにより、適正なカフ圧は異なる場合もある

と思います。最終的には担当医の判断になります。


◆メモ◇~~~~~~~~~~

気管粘膜の血流(気管壁を流れる血管の圧)

*文献により異なります。

参考数値:例

気管壁の毛細血管圧

20mmHg~25mmHg(27~34cmH2O)


気管動脈圧

30mmHg 35mmHg 40mmHg


気管静脈圧

18mmHg 20mmHg


動脈圧よりも高い場合は壊死。

静脈圧よりも高い場合はうっ血。


*メモのメモ

膠質浸透圧は全身一定の圧力。

皮膚毛細血管圧

15-30mmHg

~~~~~~~~~~~~~~


続きはこちらです→ カフによる合併症

 

 

 

気管内挿管項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版

「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ

「はじめて人工呼吸器」p12~p17 メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」p55~p60 EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36~p39 小学館 

「最新医学大辞典」p279 (医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版

「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版


インターーネット

医薬品医療機器情報提供ホームページ内

ハイ・ロー・ハンドカフ圧ゲージII

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00069VB001A_A_08_01/

自動カフ圧コントローラ

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00069VB002A_A_02_01/