吸引カテーテルの清潔保持
気管内吸引 清潔保持

☆ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。

一つの例として参考にしていただければと思います。

ひとり一人看護の方法は異なりますので、詳細に関しては 

担当医師や看護師などとよくご相談ください。 

各医療機関や医師、看護師などにより、治療方針や看護方針、手技

取り扱う医療機器など異なる場合もあります。

一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

 

吸引カテーテルの清潔保持


気管カニューレや気管内チューブからの気管内吸引の場合は、

口腔(鼻腔用)のカテーテルと気管用のカテーテルは別にします。

同じカテーテルを使用する場合は、先に気管内吸引をしてから、

アルコール綿などで拭き取り、水道水で通水後、鼻及び口腔内を

吸引。

 

口及び鼻からの気管内吸引の場合も、理想としては、口腔鼻腔用

(エアウェイも含む)の吸引カテーテルと気管内の吸引カテーテル

は別にしておく方がベストです。

 

同じカテーテルを使用する場合は、口腔と鼻腔内(咽頭を含む)を

吸引後、いったん引き上げて、アルコール綿などで拭き取り、

滅菌水などで通水してから気管内吸引を実施。

あまりお勧め出来ませんが・・・・・

 

☆気管内吸引の場合は、1回ごとの使い捨てが理想です。

要は人工気道(気管カニューレや気管内チューブなど)のありなし

に関係なく、気管内に挿入するときは、滅菌操作が基本になります。

特に医療機関では、一度不潔になったカテーテルは使用しないのが

原則です。

現実は、コスト面や手技の面などで難しい場合も多々ありますが、

より滅菌操作に近づけるように努めることが大切になります。

 

*再利用する場合は、正常な粘膜に触れる医療機器の場合は、

高水準又は中水準以上の 消毒が必要とされています。

消毒後は滅菌水などで消毒薬を綺麗に洗い流してよく乾燥させます。

 

消毒に関しての詳細は下記をご参照ください。

洗浄・消毒・滅菌

 

続きはこちらです⇒ 吸引時の合併症と予防・対策 

 

 

 

口腔及び鼻腔からの気管内吸引 項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

 

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」 インターメディカ 

「はじめて人工呼吸器」メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」小学館 

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

 

インターネット

「医薬品医療機器情報提供ホームページ」

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」