外科的気管切開の場合の気管切開の部位 経皮的気管切開の場合の気管切開の部位
気管切開の部位


外科的気管切開:切開部位


切開する部位は、第2~第4気管軟骨の間。

切開部位の例としては、第2気管軟骨から第3気管軟骨を切開。

一般的な切開方法は、成人では逆U字切開、小児では、縦切開。

 

*第1気管軟骨では、気道狭窄を起こしやすく(肉芽を形成しやい

など)、気管カニューレの抜去が困難になります。第5気管軟骨以

下では、重要な血管を損傷するリスクが高くなります。

 

 

 

経皮的気管切開:切開部位


第1気管軟骨と第2気管軟骨の間 又は、第2気管軟骨と

第3気管軟骨の間を穿刺し拡張。

 

*緊急性が高い場合は、甲状軟骨と輪状軟骨の間(輪状甲状間膜)

を穿刺又は切開します。

 

☆疾患や目的、緊急度、手技的なことなどで、部位が違ってきます。

 

 

続きはこちらです⇒ 気管切開のメリット

 

 

 

気管切開項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「気管切開-最新の手技と管理」 改訂第2版 p45~p78

「続まんがで見る手術と処置」p38 

「最新基本手技AtoZ」p61


インターーネット

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構HP内

ネオパーク

http://www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/225AABZX00144000_A_01_02/

パーキュティニアス・トラキオストミー・キット

http://www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/20800BZY00430000_C_01_05/

ウィキーペディアHP内

ja.wikipedia.org/wiki/気管切開