気管内チューブの主な種類 気管内チューブの材質 ランツシステムとは?

気管内挿管:気管内チューブの主な種類・材質

☆各医療機関や医師、看護師などにより、取り扱う医療機器など異

なる場合もあります。

一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

*商品名も含まれています。

 

気管内チューブの主な種類


気管内チューブには多くの種類があります。

構造的に大別すると、カフあり、カフなしのチューブがあります。

 

カフが付いているチューブには、カフ上部吸引(サクション

ライン・エバックラインなど)付きと、無いものがあります。

 

カフなしのチューブは、新生児や小児に使用されるケースが多いです。

 

チューブの先の側面にマーフィー孔のあるもの、ないものがあります。

 

特殊なチューブとしては、らせん状になった金属製のワイヤが入っ

ているチューブ、スパイラル気管チューブやリンフォース気管内

チューブ、術野を邪魔しないようにコネクタのある方のチューブ

の上部が曲がっているレイ気管内チューブなどもあります。

さらに ランツシステム付き気管内チューブなど他にも

色々あります。

 

タイプ的には、殆ど曲のタイプが使用されています。

スパイラルチューブは直ですが、形を自由に変えることが出来ます。

 

 

 

気管内チューブの材質


チューブ本体やその他のチューブ類(インフレーション

ラインなど)、カフ類の材質は、ポリ塩化ビニル(PVC)が多いです。

他には、ポリウレタン、ステンレス、天然ゴム、シリコーンゴム等

の材質が使用されている部分もあります。

 

*メーカーや種類により使用されている材質は異なります。

 

◆メモ◇~~~~~~~~~~

ランツシステムとは?

カフ内圧を自動的に調節する機能。

長時間、挿管が必要な場合のカフによる合併症を防ぐ役割がありま

す。圧が低すぎるとエアリークや不顕性誤嚥による肺炎のリスクが

高くなるため、カフ内圧の調節は重要になります。

~~~~~~~~~~~~~~ 

 

続きはこちらです⇒ カフの形状及び容量

 

 

 

気管内挿管項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版

「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ

「はじめて人工呼吸器」p12~p17 メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」p55~p60 EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36~p39 小学館 

「最新医学大辞典」p279 (医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版

「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版


インターーネット

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」」

 各製品(気管内チューブ)の添付文書