吸引カテーテルの挿入する長さ
気管内吸引 吸引カテーテル長さ

☆ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。

一つの例として参考にしていただければと思います。

ひとり一人看護の方法は異なりますので、詳細に関しては 

担当医師や看護師などとよくご相談ください。 

各医療機関や医師、看護師などにより、治療方針や看護方針、手技

取り扱う医療機器など異なる場合もあります。

一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

 

吸引カテーテルの挿入する長さ


*目盛りの付いたカテーテルが便利です。

 

●事前に長さを決めておきます

長さの目安 例1

門歯又は鼻先から胸骨上窩(首の下の窪みの部位)あたり迄。

 

長さの目安 例2

門歯又は鼻先から気管分岐部(第4~5胸椎、胸骨角あたり)まで。

長さを測る方法のひとつとしては、細いヒモやメジャー等を使用し

て、門歯又は鼻先から耳介の下、首を通って最終部位まで辿って

測定します。

首の傾きによっても多少違ってきます。

 

★長さを事前に決めておく一番の理由は、それ以上深く挿入しない

様にするためです。決めておいた長さまで挿入する必要がない場合

もあります。


*気管支内へ挿入するときは上記の例2(気管分岐部)より

数センチ長くなりますが、気管支内の吸引は合併症のリスクが高く

なりますので必要最小限に。


★カテーテルの挿入する長さや角度は、患者さんによって異なりま

す。又、痰の位置によってもことなります。

長さを決める目安としては、

中~下咽頭から気管分岐部迄は

約10~12cm



エアウェイを挿入している場合


エアウェイを挿入している場合は、エアウェイの長さも把握して

おきます。経口の場合も経鼻の場合も、エアーウェイの長さに

プラス1~2cm(くらいですかね?)の部分までカテーテルを挿入

後、陰圧をかけ始めます。


続きはこちらです⇒ 気管支内の吸引

口腔及び鼻腔からの気管内吸引 項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

 

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」 インターメディカ 

「はじめて人工呼吸器」メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」小学館 

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

 

インターネット

「医薬品医療機器情報提供ホームページ」

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」