従来と異なる点は?
気管内吸引 従来と異なる点

☆ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。

一つの例として参考にしていただければと思います。

ひとり一人看護の方法は異なりますので、詳細に関しては 

担当医師や看護師などとよくご相談ください。 

各医療機関や医師、看護師などにより、治療方針や看護方針、手技

取り扱う医療機器など異なる場合もあります。

一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

 

滅菌水か水道水か?


意見は分かれているようですが、口腔及び鼻腔内は新鮮な水道水で

いいと思いますが、気管内の場合は意見は分かれているようです。

医療機関の場合は、滅菌水、蒸留水 などが使用されています。

家庭内では滅菌水、白湯、水道水などが使用されているようです。


☆患者さんの状態に応じて変更される可能性もあると思います。

感染しやすい病態であれば、滅菌水がいいと思います。



カテーテル挿入時は吸引器の圧はOFFのまま?


気管内にカテーテルを挿入するときは、吸引器の陰圧をかけたまま

(電源をONにしたまま)カテーテルを折り曲げて(陰圧を止めて)

操作する場合が多いと思います。

吸引器の陰圧をONにしたまま、折り曲げていたカテーテルを開放

すると、一時的に設定以上の圧がかかる恐れがあるようです。

それを防ぐには、吸引器には繋がずにカテーテルを挿入するか、

バキュームブレーカー付(調節口、穴付き)のカテーテルを使用す

るかして、吸引した方がより安全性が高まります。


病態にもよりますが、痰が気管支などの奥の方に存在する場合や、

無気肺などのリスクが高いようであれば、吸引器に繋がず、カテー

テルを一定の長さまで挿入後、吸引器をONにしてからカテーテル

に繋いで吸引。又は、コストはかかるかもしれませんが、バキュー

ムブレーカー付きのカテーテルを使用。


*現実には、手間がかかったり、手技的に難しいところがあったり、

コストの問題もあります。人工気道内や気管の上部に痰が存在し、

さらに病態に問題がない場合などは、吸引器をONのまま、カテー

テルを塞ぐ従来通りのやり方でもいいのではないかと思います。

 

 

吸引の順番


カフ付きのチューブが挿入されていても、鼻腔内、口腔内、咽頭

カフ上部に貯留している分泌物から先に吸引しておいたほうが、

気管内への流入を少しでも防ぐことができます。

 

詳細は⇒ 吸引の順番は?

 

続きはこちらです⇒ 挿入する時には陰圧は? 

口腔及び鼻腔からの気管内吸引 項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

 

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」 インターメディカ 

「はじめて人工呼吸器」メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」小学館 

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

 

インターネット

「医薬品医療機器情報提供ホームページ」

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」