喉頭鏡の構造 喉頭鏡の役割 喉頭鏡(ブレード)のサイズ 喉頭鏡の種類

気管内挿管:喉頭鏡の構造・役割・サイズ・種類

*喉頭鏡の種類により構造や操作などが異なります。ここでは、

電球式のマッキントッシュ型の喉頭鏡について記載しています。


喉頭鏡の構造


喉頭鏡はブレードとハンドルがセットになっています。

(取り外し可能)

ブレードには電球がついています。

ハンドルには電池が入るようになっています。


 

喉頭鏡の役割


喉頭鏡は喉頭を広げる(展開)時に欠かせない機器です。

管(気管内チューブ)を気管内にスムーズに挿入するために、

喉頭鏡(ブレードの部分)を喉の奥まで挿入して喉頭展開します。

ブレードの側面にランプが付いており、手技がし易いように

喉頭部を明るく照らします。

ハンドルの部分に電池を入れて、ブレードを取り付けて

ランプを点灯させます。


☆挿入する前は必ずライトが点くか確認します。

 

 

喉頭鏡(ブレード)のサイズ


年齢、性別、体格などに合ったサイズを選択します。

成人の場合の例としては、男性では4号、女性では3号。



喉頭鏡の種類


喉頭鏡(ブレードの)の型には、曲型と直型あります。

曲型にはマッキントッシュ型、マッコイ型などがあります。

直型にはミラー型、ウィスコンシン型、ホワイトヘッド型などが

あります。

マッキントッシュ型が使用されるケースが多いです。

マッコイ型は他の喉頭鏡と異なり、ブレードの後方(手元)に

レバーが付いています。レバーを操作することにより、ブレード

の先端が曲がる構造になっています。

マッキントッシュ型と比較すると、視野面積が広くなる利点が

あるようです。

挿管が困難な時に使用されるケースが多いです。

ミラー型は新生児や乳幼児に使用されるケースが多い様です


*最近では喉頭部分をモニター画面で確認しながら挿入できる

ビデオ喉頭鏡(エアウエイスコープAWSなど)も使用されて

いるようです。


続きはこちらです⇒ 気管内チューブ

気管内挿管項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版

「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ

「はじめて人工呼吸器」p12~p17 メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」p55~p60 EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36~p39 小学館 

「最新医学大辞典」p279 (医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版

「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111  MCメディカ出版


インターーネット

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」