吸引時の合併症と予防・対策
気管内吸引 合併症と予防・対策

☆ここでは成人の場合の吸引方法をまとめてあります。

一つの例として参考にしていただければと思います。

ひとり一人看護の方法は異なりますので、詳細に関しては 

担当医師や看護師などとよくご相談ください。 

各医療機関や医師、看護師などにより、治療方針や看護方針、手技

取り扱う医療機器など異なる場合もあります。

一つの参考例としてご利用頂ければと思います。

 

吸引時の主な合併症


●気道粘膜の損傷、出血


●低酸素血症


●不整脈や徐脈

低酸素血症や迷走神経刺激により発生。

迷走神経の刺激で、不整脈、徐脈、血圧低下、心停止などの危険が高まる。


●頭蓋内圧亢進、血圧の変動

吸引時の刺激による咳嗽などで上昇


●気道の過敏反応(気管支痙攣など)


●無気肺(肺胞虚脱)


●感染症

吸引カテーテルを介しての感染



合併症の予防と対策


●適正な吸引圧

吸引圧参考数値:気管カニューレからの吸引圧 100mmHg~150mmHg

 

*単位はkPa(キロパスカル)で表示されている文献が多くなって

きています。

20kPa(キロパスカル)は約150mmHg(水銀柱ミリメートル)です。

 

*吸引カテーテルのサイズや種類などによって圧は多少変化します。

 

*痰の粘稠度が高い時は、上記より圧を高くする場合もあります。

低い圧で長く吸引するよりは、圧を少し高くして短時間で吸引した

方がいい場合もあります。

粘度を低くする対策としてはネブライザーなどで痰を柔らかくしておきます。

 

●なるべく短時間で吸引

5~10秒 長くても15秒

 

●カテーテルの適正な長さ

参照⇒ 吸引カテーテルの挿入する長さ

 

●適正な太さのカテーテル

人工気道の場合は管の内径の1/2以下の太さ。

細いほど圧は低くなります。

太すぎると、肺胞虚脱(無気肺)のリスクが高くなります。

カテーテルと気道の隙間も大切になります。

隙間が狭くなりすぎると、吸引時の陰圧が細気管支や肺胞などに

かかりすぎる為です。

 

●無理に挿入しない

 

●手際良く丁寧に挿入する

 

●人工気道以外でのカテーテルのピストン運動は避ける

 

●頻回の吸引は避ける

 

●清潔保持

1回ごとに吸引カテーテルは破棄する

続けて使用する時は、カテーテルの外側はアルコール綿などで

拭き取り、カテーテル内は滅菌水を通水し綺麗にしてから吸引する。

 

●異常の早期発見

バイタルサインのチェック

モニター上での観察

*リスクが高い場合は、モニターの装着(心電図、パルスオキシメ

ーターなど)

 

●酸素吸入やアンビューバックなどの準備

 

●病態によっては吸引前後のバッグ換気

 

☆上記に挙げた手技的な対策以外に、当たり前のことですが、病態

の把握は必須になります。

上記の合併症のリスクが高くなる主な病態には、出血傾向、

低酸素症(組織内の酸素が低下)、低酸素血症(血液中の酸素が

低下)心機能の低下、広範囲の脳梗塞やクモ膜下出血、免疫力の

低下、重い感染症、など があります。

 

続きはこちらです⇒ 従来と異なる点は? 

口腔及び鼻腔からの気管内吸引 項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

 

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」メディカ出版

「写真でわかる基礎看護技術① 看護技術を基礎から理解!」 インターメディカ 

「はじめて人工呼吸器」メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」小学館 

「最新医学大辞典」(医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

 

インターネット

「医薬品医療機器情報提供ホームページ」

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」