マギル(マギール)鉗子の役割、構造、使用方法

気管内挿管:マギル鉗子

マギル(マギール)鉗子の役割


主に経鼻挿管の時に使用されます。

気管内チューブの先を鉗子で把持して、チューブを誘導する役割が

あります。

*異物を除去する時に使用することもあります。


 

構造・サイズ・材質


構造

はさみの様な形状をしています。

口腔内の奥に挿入しやすいように、中央に近い部分は湾曲に

なっています。刃先はのこぎり歯の付いた リング状になっています。

 

サイズ

メーカーにより分類や長さなどは異なります。

<例>

S 200mm M 250mm

L 280mm など 3つのサイズがあるものや、

S 185mm L 240mm など 2つのサイズのあるものなどがあります。

 

材質

ステンレス鋼

 

 

使用方法


*医師や救急救命士など資格のあるものが実施します。

 

鉗子のハンドル部分に、親指と薬指(又は中指)を入れて開閉します。

人差し指は鉗子の交差部分にあて、支えます。

気管内チューブを鼻腔からある程度進めた後に、喉頭鏡を口腔内に

挿入して、喉頭を開きます。

気管内チューブの先を確認した後、マギル鉗子を挿入し、

チューブの先を挟んで声門へと誘導します。

☆チューブを鋏む時は、カフの部分を鋏まないように注意します。

 

続きはこちらです→ カフ圧計の役割と構造

 

 

 

気管内挿管項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版

「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ

「はじめて人工呼吸器」p12~p17 メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」p55~p60 EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36~p39 小学館 

「最新医学大辞典」p279 (医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版

「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版


インターーネット

医薬品医療機器情報提供ホームページ内

マギール鉗子

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/27B1X00024000184_A_01_03/

マギル型カテーター挿管鉗子

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00032AM1007_A_01_01/

ウィキーペディア

//ja.wikipedia.org/wiki/気管挿管