スタイレットの役割 スタイレットの構造 スタイレットの使用方法

気管内挿管:スタイレットについて

☆医療機関、医師、看護師などにより必要物品や使用方法等は多少

異なります。又、患者さんの状態によっても異なる場合もあります。

一つの例として参考にして頂けたらと思います。


スタイレット(気管内チューブ用)の役割


気管内チューブを気道に挿入する時に使用されます。

チューブの中にスタイレットを通すことにより、形状を保ちます。

チューブを安定させ挿入をスムーズにする役割があります。

主に経口挿管の時に使用されます。


*使用しない場合もあります。


*経鼻でも使用する場合もあります。


 

一般的な構造


取っ手の部分は、持ちやすい形になっていて、ストッパー用のネジ

が付いています。スタイレットの長さを調節し、固定する時に使用

します。気管内チューブにスタイレットを挿入する時に、調節した

位置を維持するために必要になります。

ストッパーが付いていないものもあります。


*種類により構造が多少異なります


 

材質や種類など


一般的なスタイレット

通常は軟性金属製で、形を変えることが出来ます。

長さにより、大、中、小、大人用、小児用 などがあります。

再利用できます。


その他のスタイレット

内視鏡と一つになったもの(スタイレットスコープなど)やスタイ

レットの先にライトが付いているもの、金属製以外(ポリ塩化ビニ

ル製など)のもの、ストッパーのないもの、使い捨てのもの、等が

あります。



使用方法


①気管内チューブに適したサイズを選択します。

 

②チューブに挿入する前に形と長さを整えます。

気管内チューブ又は気道に合わせて、形を整えます。

チューブ先端から1~2cm手前までの長さに調節します。

気管内挿管する前に、準備と点検をしておきます。

 

③長さが決まったら、ストッパーの位置を固定しておきます。


④気管内チューブに挿入します。

気管内挿管する時には、気管内チューブにスタイレットを挿入して

から、挿管します。

 

⑤スタイレットを抜きます。

チューブが声門を通過した後に、スタイレットを抜去します。

 

*種類により多少異なります。

 

続きはこちらです→ バイトブロックの役割、構造 

気管内挿管項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版

「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ

「はじめて人工呼吸器」p12~p17 メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」p55~p60 EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36~p39 小学館 

「最新医学大辞典」p279 (医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版

「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版


インターーネット

「厚生労働省HP」

「ウィキペディア」」

添付文書

医薬品医療機器情報提供ホームページ内

スタイレット

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/27B1X00024000003_A_01_04/

気管チューブ用スタイレット

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/27B1X00116000197_A_04_01/