カフ圧計の使用方法 付属の接続チューブのみを使用する方法

気管内挿管 : カフ圧計の使用方法

 

☆カフ圧計の種類や医療機関、取り扱う人などにより、操作方法は

多少異なります。

ここでは、接続チューブのみを使用する方法と三方活栓とシリンジ

を使って計測する方法をまとめてみました。


カフ圧計の使用方法 : チューブ


付属の接続チューブのみを使用する方法 例 


①カフ圧計と気管チューブを接続チューブでつなぐ

カフ圧計のルアー接続部と気管チューブのパイロットバルン(イン

フレーションライン)のバルブ(一方弁)に付属の接続チューブ

(耐圧チューブ、延長チューブなど)を接続します。


*接続する時は破損しないように、リークがないように注意します。


②カフを拡張させる

グリップ(インフレーションバルブ、空気ポンプなど)をおして、

カフに空気を送り込みます。

適正な圧よりやや高めに圧を上げる(文献例60~90cmH2O) 


*ある程度膨らませることで、気管壁にカフをより均一に密着させ

ることが出来ます。


③適正な圧に調節

カフを高い圧で膨らませた後はすぐにリリースボタン(圧力調製ネ

ジなど)で徐々に減圧(空気を抜く)して、適正な圧に調節します。


*適正な圧はカフの種類(気管チューブの種類)などで多少異なり

ます。

参照→ 適正なカフ圧について


④エアリークがないことを確認する

調節後は、リリースボタンを離しても、適正な圧が維持されている

か確認します。聴診や人工呼吸器の換気量のチェックなどで、エア

リークの有無を確認します。


⑤接続チューブを取り外す


☆計測する前に正常に機能するかチェックします。

チェックの例

ハイ・ロー・ハンドカフ圧 ゲージⅡの場合

ルアー接続部分を指などで塞いで、120cmH2Oまで圧を上げます。

その値が2~3秒間維持されることを確認します。


続きはこちらです→ カフ圧計使用方法 三方活栓とシリンジ

気管内挿管項目一覧




呼吸器管理・ケア 項目一覧


サイト内コンテンツ



◇参考文献

書籍

「ロールプレイで学ぶ 呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」 p124~p129メディカ出版

「写真でわかる臨床看護技術② 呼吸・循環・創傷ケアに関する看護技術を中心に!」 p63~p73インターメディカ

「はじめて人工呼吸器」p12~p17 メディカ出版

「ナース必携最新基本手技AtoZ」p55~p60 EXPERT・NURSE 

「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科」 p28~p30 文化放送ブレーン

「続カラー版マンガで見る手術と処置」 p36~p39 小学館 

「最新医学大辞典」p279 (医歯薬出版株式会社)

「イラスト救急処置マニュアル」南江堂

「気管吸引のガイドラインを完全準拠 わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」 p9~p12メディカ出版

「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」 p106~p111 p130~p140 MCメディカ出版


インターーネット

医薬品医療機器情報提供ホームページ内

ハイ・ロー・ハンドカフ圧ゲージII

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00069VB001A_A_08_01/

自動カフ圧コントローラ

//www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/13B1X00069VB002A_A_02_01/