脈拍の異常と原因

脈 拍

心室細動(Vf Ventricular fibrillation)について


心室の正常な収縮が行われない為、血液を送り出すことが出来なく

なります。放っておくと死に至る危険な不整脈(致死的不整脈)

になります。臨床上では最も重要な不整脈になります。

 

心電図上では、P波、QRS波、T波を区別出来ない波形が不規則

に、連続して出現します。150~300回/分の心拍数を示しますが、

血液は全身に送り出されていない為、脈拍は触れません。

心室細動が出現したら早急に対処しないと意識を失い死に至ります。

 

心室細動は心筋梗塞や心筋症、心臓弁膜症、電解質の異常、心臓振

盪、感電などが原因で引き起こされることがあります。

上記以外ではQT延長症候群(コラム)やブルガダ症候群などもあ

ります。

 

心房細動と心室細動の主な違い

大きな違いは、生命の危険度です。

心房細動の場合は、心房内に還ってきた血液自体は心室に

送られています。その血液を全身に送るのは心室になります。

そのため心室細動が起きた場合は、血液を全身に送ることが

出来なくなります。早急な処置(心肺蘇生、電気的除細動、

薬物の投与等)が必要になります。

 

心臓振盪について

胸部の心臓近くに衝撃が加わることで、心停止状態になること。

外傷のない弱い衝撃でも起こることがある。

健康な子供や若い人でも起こり得る病態になります。

ボールなどが胸部にあたると、その衝撃で心臓の刺激伝導に変化が

起こることもある様です。

タイミングが悪いと心室細動が誘発され、心停止状態になることも

ある様です。

早急な除細動と心肺蘇生が必要になります。

 

ブルガダ症候群 

ぽっくり病の一つと考えられています。

基礎疾患がないにもかかわらず突然、心室細動を起こす病態。

夜間に発作を起こすことが多いとされています。

東南アジア地域に多く、若い男性に多いようです。

一過性のものが多いようですが、失神や突然死の危険もある

重篤な不整脈になります。

心電図では特徴的な波形を示します。

右脚ブロックに似た波形とST上昇を示します。

原因の一つとして、約2割の症例で遺伝子異常がある様です。

 

心臓の役割

心臓は血液を全身に送り出すポンプの役割をしています。

右心室から送り出される血液の循環を肺循環(小循環)と

いいます。

左心室から送り出される血液の循環を体循環(大循環)と

いいます。

肺循環では右心室から送り出された血液(静脈血)は、肺動脈を

通って肺へ流れ(肺胞でガス交換)動脈血となり、心臓(左心房)

に還ります。

体循環(大循環)では左心室から送り出された血液(動脈血)は

大動脈を通って全身へ流れ(細胞と毛細血管間でガス交換)静脈血

になり、心臓(右心房)に還ります。

心臓は先に心房が収縮して、その後、心室が収縮します。

心房内の血液を先に心室に送り出したあとに、心室が収縮して全身

に血液が送り出されます。

心室の左右それぞれほぼ同じ量の血液を拍出しています。

両心房と両心室が収縮と弛緩(拡張)を繰り返すことで、全身の

血液循環が円滑に行われています。又、血液の逆流を防ぐ弁の役割

も重要になります。

 

心拍出量について

心機能評価の基本的指標。

1回の収縮でそれぞれの心室から送り出される血液量を1回拍出量、

1分間に送り出される血液の量を心拍出量又は毎分心拍出量といい

ます。

心拍出量は、1回拍出量×1分間の心拍数になります。

1回拍出量の正常値は成人の安静時で、約70ml(約60ml~100ml)

*文献により多少数値は異なります。

右心室から送り出される血液の量と左心室から送り出される血液

の量は正常であればほぼ同じ量になります。

 

心室頻拍と心室細動の違いは?

生命の危険度は心室細動の方が高い。

心室頻拍は比較的規則的で、脈拍が触れることもありますが、十分

な量は拍出されない為、長く続くと心不全やアダムストークス発作

を起こします。又、心室細動に移行する危険もあります。

心室細動は全く不規則で、脈拍は触れず、血液が全身へ送り出され

ない為、早急な心肺蘇生と電気ショックが必要になります。

 

心室粗動(VF Ventricular Flutter)

心室粗動は比較的、規則的な波形を示しますが、正常な心室の収縮

がないため、致死的不整脈になります。臨床上では心室細動と同じ

様な病態として対処します。心室細動との区別が難しいことも多い

様です。

心室粗動と心室細動は心室が無秩序に興奮する致死的不整脈です。

 

続きはこちらです→ 心停止について

 

最終更新日 2016/12/14

 


◇参考文献

書籍

「ナース必携心電図マニュアル」小学館  p122~p123

「心電図・ナースのためのワークブック」金芳堂 p149

「家庭医学大百科」主婦の友社 p286   心拍出量 p242~p243

「ゼロからわかる救急・急変看護」成美堂出版 p107

「最新医学大辞典」医歯薬出版株式会社  心室粗動 心室細動 p711

 

インターネット

ウィキペディアHP

http://ja.wikipedia.org/wiki/頻脈

https://ja.wikipedia.org/wiki/心室細動

https://ja.wikipedia.org/wiki/心臓

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルガダ症候群

http://ja.wikipedia.org/wiki/不整脈