水銀を吸い込んだ場合
体温について 水銀を吸込んだ場合

水銀体温計

水銀を吸い込んだ場合は?


気化した水銀を吸い込んでしまうと、水銀中毒をおこし、腎臓や

神経に害を及ぼす可能性があります。

症状としては、発熱、呼吸困難、頭痛、腹痛、下痢、腹部痙攣、

視力減退などがあります。まれに、腎不全や肝不全などの合併症

を伴うこともあるようです。

皮膚に触れた場合は、皮疹、浮腫などの症状が現れることもあります。

万が一水銀を吸い込んだおそれがあり、咳や息切れ、頭痛、嘔気、

嘔吐、腹痛、下痢などの急性症状が現れた場合は、すぐ、新鮮な

空気を取り入れ換気を良くします。さらに、鼻をかんで、うがい

をして、医療機関に受診します。

 

体温計だけではなく、水銀式の血圧計の場合も注意が必要です。

体温計よりも破損する可能性は低いですが、体温計より水銀の量は

多い為、水銀中毒のリスクが高くなります。

家庭では安全性を考慮して水銀式ではなく、電子体温計や電子血圧

計を使用した方がより安全です。

 

続きはこちらです⇒ 水銀を誤って飲み込んだ場合は?

 

 

 






バイタルサイン 項目一覧

サイト内コンテンツ






◇参考文献

書籍

「最新医学大辞典」 医歯薬出版株式会社 p869

「ナース必携最新基本手技AtoZ」EXPERT・NURSE 小学館 p33~p36

「フィジカルアセスメントナースに必要な診断に必要な知識と技術」医学書院 p33~p35

「ナースのための感染症マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p22 p23

「人体生理学ノート」 金芳堂 p57

「ナースに必要な日常英語表現と略語」第2版 医学書院 p158

「ポケット版カルテ用語辞典」編集大井静雄 照林社発行 小学館発売 p8

「家庭医学大百科」主婦の友社 p1231


インターネット

「ウィキーぺディア」

http://ja.wikipedia.org/wiki/バイタルサイン

http://ja.wikipedia.org/wiki/体温